活動内容

宣言

  • 出会いと交流
    • シニアにとって、ペットの存在は予防医学からみても心身の健康に効果的です。ペットを介して家族間や散歩仲間との会話が増え、地域社会とのつながりが深まります。
    • ペットライフネットは、飼い主間の交流・相互扶助を活発にするため、イベントを開催し、出会いと交流の場を創ります。

      katsudou1
      ▲2017年7月29日「猫と高齢者」第2弾 (大阪市立 中央会館にて)

  • 幸せな飼い方
    • 自分自身の余命を考え、ペット飼育を断念するシニアが多くみられます。しかし、シニアに見合ったペットやその飼い方を広くアピールすれば、安心してペットと暮らすことができます。
    • ペットライフネットは、シニアに適したペットの見分け方、もしもの時にペットを里子に出すためのしつけ、老犬・老猫の飼い方と看取り方などを広くアピールします。

      katsudou2
      ▲2017年9月23日 「またたびネズ公ワークショップ」
      (キャット・ソシオンにて)

  • いのちをつなぐ
    • 終生飼育を願うペットライフネットは、ペットのいのちをつなぐネットワークをつくり、そのコーディネートをおこないます。
    • 入院などで飼育困難に陥った場合は、「飼育サポートシステム」により、飼育介助(ペット病院への送り迎え、フードなど消耗品の購入、犬の散歩など)や一時預かり先を紹介します。
    • 飼い主のあなたにもしものことがあった場合、 「わんにゃお信託®」であなたの遺志を受け継ぎペットの終生飼育を実現します。
    • 獣医師、ペットホテル、ペットシッター、動物愛護ボランティア団体、ペット霊園など、ペットライフネットの幅広いネットワークを活用し、いのちのセーフティネットを創り出します。

      katsudou2
      ▲2017年4月8日 「ワンちゃん(保護犬)譲渡会」
      (狸穴亭にて)

  • ペットと共生するまちづくり
    • 誰もが安心してペットとともに暮らせるまちづくりを実現するため、動物に関わるさまざまな社会的課題(動物愛護管理法、多頭飼育崩壊など)を有識者とともに学ぶ機会をもちます。
    • 保護動物の譲渡を先を広げるために、高齢者にも保護活動ができるような社会システムの構築をめざします。
    • 飼い主のあなたにもしものことがあった場合、 「わんにゃお信託®」であなたの遺志を受け継ぎペットの終生飼育を実現します。
    • 獣医師、ペットホテル、ペットシッター、動物愛護ボランティア団体、ペット霊園など、ペットライフネットの幅広いネットワークを活用し、いのちのセーフティネットを創り出します。

      katsudou4
      ▲2017年4月23日「動物行政の現状と課題」(エートスステーションにて)

Share Button