獣医師が保護主の「ブルーキャットカフェ」オープン!

岡山市の問屋町は、個性的なお店がならぶ商業スポットとしてタウン誌やマスコミに採りあげられる話題の街。また、近隣の住宅街には転勤族が多く、岡山市でも数少ない人口増の界隈です。
ここに、67坪という大型の猫カフェが誕生しました。2017年6月13日(火)にオープンした「ブルーキャットカフェ」です。見るものをにらみつけるような独特の面構えで、しかもブルー。都会的な雰囲気が漂います。
一歩店内に入ると、天井高で広々としたカフェスペースが目を引きます。米粉100%マフィンが並ぶスィーツケースにカフェカウンター。気取らずシンプルなインテリアは、北欧風なカフェそのものです。

一方、カフェに隣接する猫スペースは、緩やかなカーブを描いて仕切られていて、カフェスペースのどこからでも猫の姿がみれる工夫がされています。壁一面に設けられた木の棚や木株をイメージしたキャットタワーが随所に置かれ、仔猫たちがあちらこちらに出没していました。

この「ブルーキャットカフェ」は、よくある保護猫カフェとは一線を画します。猫たちの保護主さんが、何と獣医師! ノエルペットクリニックの院長 亀森直さんです。
亀森院長の狙いは、「ブルーキャットカフェ」を猫と人とが関わる交差点として役立てたいと考えておられます。ひとつは猫が飼えなくなった人のために。病気などで猫が飼えなくなった飼い主さんから愛猫を引き取り、終生お世話をする場として。また、猫が飼えない人のために。住まいの事情で猫が飼えない愛猫家のための猫との出会いの場として。そして、これから猫を飼いたい人のために。新しい家族として猫を迎えたいという方のための里親探しの場として。この猫に関わる3タイプの人のための“場”としてこの空間を活かせるのは、毎日、飼い主さんと猫の関係を診ている獣医師だからこそ実現できます。
今、ブルーキャットカフェの猫たちは、亀森院長ご自身が保護主となって動物愛護管理センターから猫を引き出し、猫の健康状態をチェック。人馴れするまで病院で世話をしてからデビューさせています。里親に譲渡する際には、マイクロチップを入れて渡される予定です。
亀森院長の新しい挑戦、たくさんの猫にも人にも幸せをもたらしてくれるよう、心から願ってやみません。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)