シニア犬のための「テリトンタッチ」セミナー 結果報告

2016年9月22日(木・祝)午後1時半から大阪市北区中崎町のキャット・ソシオンで、テリトンタッチ認定プラクショナー 芦谷美留先生をお迎えして「テリトンタッチ」のセミナーを開催しました。

o3068244813755881455犬連れで参加くださったのは、4組(14歳のトイプードル、10歳以上のパピヨン、6歳の フラットコーテッドレトリバー、4歳のミニチュア・ピンシャー)。見学は3名でした。犬たちは他の犬に興味津々ですが、その辺はしっかり躾けられていて、2時間半の長丁場も安心して参加してくれました。

セミナーの最初に「テリトンタッチ」が編み出された経緯とその効果についてガイダンスをいただき、タッチワーク(指で円を描きながら身体を優しくなでる方法など)、リーディングワーク(道具を使う方法)、独自のグランドワーク(簡単な障害物を使って歩かせる方法)を順を追って、実技を交えながら教えていただきました。

参加されたみなさん、「テリトンタッチ」それ自体が初めての方がほとんどでしたが、飼い主さんと動物とが体の声を互いに聞きあいながら「一緒」にするタッチワークのコンセプトに大いに共感してくださいました。

◎この日、参加してくださったミニチュア・ピンシャーのお母さんM.Jさんの感想です。

(M.Jさんの許可をいただきfacebookに掲載されたものを転載します。動画はM.Jさんが撮影されたものです。)

きょうは、Petlifenetさんのシニア犬のための「テリトンタッチ」セミナーに、リナと一緒に参加!!

リナは4歳7ヶ月で、シニアまでにはまだちょっと余裕がありますが、あっと言う間にやって来るので、今のうちからと思って・・・。

そもそも、「Tタッチ」って!?


何度も聞いたことはあったんですが、てっきり「Tゾーン」って言うのと同じで、頭の部分は横に、背中は縦にタッチするもんと・・・。

  全く違いました!!

わんちゃん、ねこちゃんとのこれからの日々の生活を自分の手をとおして、絆を深めていきたいと思います!!

特に、リナは尻尾を、ねこちゃんたちは耳を切っているので、「テールワーク」・「イヤーワーク」もしっかりしたいと思います!!

 

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)