七月 文月(ふみづき)

七月 文月(ふみづき)

七夕の短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った風習にちなんで文月と呼ばれる
ようになったそうです。
南からだんだんと梅雨があけてゆき、さわやかな青い空がいっせいに顔を出していきます。
いよいよ夏本番がやってきました!  

 
ひまわりの季節です。八百屋さんでは、新鮮な夏野菜が並びます。

七月と言えば、最初に思い浮かぶのは、七夕です。
最近は、ショッピングセンターや商店街で自由に短冊をつるせるように、大きな笹を置いて
あるのを目にします。
もし、犬猫たちが願いを書けるとするなら、なにを願うのでしょうね。
散歩? おやつ? それとも、もっともっと遊びたい・・・?
言葉が喋れない分、しぐさや表情から心を読み、コミュニケーションしたいですね。
犬や猫のストレスを全くなしにすることは難しいと思いますが、可能な範囲でなるべく自由に。
そして、健やかに過ごして欲しいというのが私の願いです。

この頃は、二十四節季では、小暑(しょうしょ・7月7日頃)にあたります。
この小暑から立秋(8月8日頃)になるまでが、暑中見舞いの時期です。
お世話になっている方や友人、ご無沙汰している方々にひとこと添えてお送りします。
暑中見舞いは、気負わずできるご挨拶なので毎年続けています。
7月23日は、 ”文月” と ”ふみ” にかけた『ふみの日』で、それにちなんだ記念切手が
発売されます。そのときに、他の記念切手等も購入します。
毎年、その方に合わせた切手を選ぶのも、楽しみのひとつです。


どこからともなくやってきては邪魔をする・・・。猫あるあるです。

最近知ったのですが、オリジナルの切手が作れるそうです。
インターネットで簡単に申し込みできるようなので、今度作ってみようと思っています。
愛犬・愛猫の切手でご挨拶・・・というのも遊び心があって楽しそうですね。

最後に、7月23日頃は、二十四節季では大暑(たいしょ)となり、最も暑さが厳しくなります。
この時期は、土用のうなぎ、お祭り、花火・・・と夏の風物詩が目白押しですね。
人混みは苦手ですが、夏を楽しもうと思います。


トコさん。この夏は、どこにお出かけしましょうか。

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)