九月 長月(ながつき)

九月 長月(ながつき)

夜が日増しに長くなっていくので『夜長月(よながつき)』、雨が長く降るので『長目月
(ながめつき)』からきていると言われています。

9月8日頃は、二十四節季では白露(はくろ)となります。
草の葉に白い露が結ぶという意味で、夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿る
ことから名付けられたようです。
まだまだ暑い日は続きますが、朝晩の空気に秋を感じ始め、少しずつ季節が移ろいで
きています。

  
食欲の秋の到来です。とりあえずの匂いチェックは大事な仕事です。

秋といえば、美味しいものがたくさんありますね!サンマ・松茸・栗・梨・ぶどう・・・。
想像するだけで幸せな気持ちになります。
犬猫たちとは、旬のフルーツをほんの少しだけ一緒に楽しむ予定です。

夏の間、外は暑く室内は涼しいので、温度差で体調を崩す動物たちが多いと聞きます。
今年の夏は、人間でも夏バテしそうな暑さでした。というか、バテていました(笑)
動物たちは喋れないので、気をつけて見てあげないといけませんね。
食欲が落ちていた犬のトコも、涼しくなってきたからか、ずいぶん食欲が戻ってきました。
もともと食べ物に執着は無い方ですが、全く食べないととても心配になります。
獣医さんに診て頂いて様子をみていたところなので、ホッとしました。


朝晩は肌寒いので、体調管理には気を付けましょうね。
お腹冷やさないように腹巻きね。

最後に、9月23日頃は、二十四節季では秋分となります。
秋分の日は、春分の日と同じように、昼と夜の長さがほぼ同じになります。
秋分の日をはさんだ7日間が『秋の彼岸』で、秋分以降は秋の夜長に向かうため
だんだん涼しくなっていきます。『暑さ寒さも彼岸まで』とは、よく言ったものです。

犬や猫・私も夏の疲れが、まだ少し残っています。
徐々に体を慣らしながら、秋を楽しみましょう。

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)