十月 神無月(かんなづき)

十月 神無月(かんなづき)

全国の神様たちが出雲大社に集う月。
各地の神々がいなくなることから『神無月』と呼ばれるようになった説は有名ですね。
他には、『雷無月(かみなしづき)』や『醸成月(かみなしづき)』が転じた説もあるようです。

残暑の蒸し暑さがなくなり、空気がカラッっと爽やかな季節になってきました。
朝の散歩がのんびりと行けるようになり、金木犀の甘い香り、ご近所さんの庭先に実った柿、
高く澄み渡った空などを見ながら、秋を満喫しております。
二十四節季では、10/8頃が寒露(かんろ)となります。
寒露とは、露が冷たく感じられる頃のことで、空気が澄み、夜空にさえざえと月が明るむ
季節のことです。空気が澄むことから月や星を眺める絶好のシーズンですね。
今年の中秋の名月(十五夜)は、10/4です。ゆっくり眺めて楽しみたいものです。

12 3
そろそろ、お部屋も衣替え。片付けようと思うと、かごの中に入る猫。
掃除しようと思うと、集まる毛むくじゃら族。力が抜けます(笑)

さて、お部屋を少しずつですが、秋の仕様にしていっています。
夏の間に使っていたかごや布類を衣替えしようと動き出すと、中に居座る猫(笑)
『なんやなんや』と、みんな集まってきます。何とも猫らしくて、思わず笑ってしまいます。
ついでに各所のお掃除もこの時に一緒にします。キャットタワー、ベッド、おもちゃ等など。
ちょこちょことお掃除はしていますが、この時期は夏の間の抜け毛が隙間に入っていたり、
意外とやりがいがあります。ちんまりしたお手手で手伝ってくれると嬉しいのにな。
ご存知の方も多いかもしれませんが、キャットタワーやベッドは、ラバー付きのゴム手袋で
さーっと拭うと面白いぐらい毛が取れます。コロコロも使いますが、いくらあっても足りません。
これなら、よく取れるし安上がりで嬉しい限りです。

12 3
気持ちよさそうに寝ています。抜け毛、よだれでいっぱいの大好きなベッド。きれいにしますからね。

最後に、寒くなる前のこれからの時期、紅葉狩りやぶどう狩り、ハイキング等、秋の行楽が
目白押しです。トコを連れてどこに行こうか、今から楽しみにしています。

1
そろそろ肌寒くなりますね。冬に向かう準備は整いましたか?

二十四節季では、10月23日頃が霜降(そうこう)となり、朝夕がぐっと冷え込み、
露が降りる時期がやってきます。
皆さま、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)