PLNネットワークス

NPO法人ペットライフネットの活動に賛同し、
協力してくださっている獣医師や
動物福祉・愛護に携わっておられるボランティアの方々です。
日々の活動と動物たちへの想いを語っていただきました。

「このコで最後にしよう」という言葉に胸打たれて…。

ノエルペットクリニック 院長 亀森 直

獣医師20141119_1  私が初めて獣医になりたいと思ったのは小学生の時でした。当時、何度か捨てられている子猫を拾ったことがあったのですが、社宅に住んでいる関係で飼うことを許されず、見つける度に両親に隠れてこっそり世話をしていました。ただ、そんなことで育てられるはずもなく、途中でいなくなってしまったり、弱って亡くなってしまったりとずいぶん悔しい想いをしたのを覚えています。そんな時、自分が将来ペットをたくさん飼うにはどうすればいいかと考えた末、思いついたのが獣医になることでした。

高齢者とペット

動物病院で働いていると60~70代の飼い主様からよくお聞きするのが、「このコで最後にしようと思っている」というお言葉でした。高齢の方がこう言われる場合、「自分がいつまで元気でペットの世話ができるかわからないから、もう飼わない方がいいだろう」という意味でおっしゃられていることが多いのですが、おそらく本音はずっとペットのいる生活を送りたいと思われているのではないでしょうか。以前はそれほど気にしなかったこの言葉ですが、最近になって強く意識するようになってきました。
そのきっかけとなったのがケアマネージャーさんからの往診のご依頼でした。認知症の方が飼われている犬でしたが、体を痒がって毛が抜けているのを飼い主様は認識しておられず、かなり皮膚炎がひどくなっている状態でした。それでもその飼い主様はわが子のように大事にしておられ、そのコとの生活を楽しんでおられました。この方は周りのサポートがあったため自分のことができなくなってからもペットと一緒に暮らすことができたわけですが、同じように最期までペットのいる暮らしを希望する方は他にもいるだろうと考えるようになりました。

獣医師として高齢者のためにできること

高齢者がペットを飼う場合、認知症の症状を抑える、お世話のために動くことで寝たきりになりにくい、生活に活気が出るなどメリットはたくさんあると思いますが、最近ではデメリットが問題視されています。中でも、お世話ができなくなって保健所で殺処分されてしまう犬は後を絶ちません。これについて、まず飼育困難になった方が飼い続けるための支援を考えました。
動物病院として高齢者に必要とされるサービスは往診だと思いますが、私の病院ではペットホテルとトリミングもしていたため、たとえば月に1回訪問してワンちゃんをお預かりし、シャンプーや病気の治療をしてお返ししたり、急な入院時にお迎えにあがり、しばらく預かってお世話をしたりなどが可能です。
もし突然飼い主様に不幸があってペットが取り残されてしまった場合、理想としては別の方に里親になってもらうということになりますが、そういう方がすぐに見つからない場合はそれまでの間、病院でお預かりすることは可能です。場合によっては里親探しのアドバイスもできるかもしれません。
高齢の方が安心して最期までペットを飼えるお手伝いは、身近な存在である動物病院だからこそ可能です。この地道なサポートが、殺処分されるペットを少しでも減らすことにつながるに違いないと信じています。

獣医師20141119_2
▲ペットの送迎

獣医師20141119_3
▲トリミング風景

ノエルペットクリニック (http://noelpet.com/)

住所:〒700-0975 岡山市北区今3-23-2
診療:小動物診療全般(往診、送迎もおこないます)
ペットサービス:トリミング、ペットホテル
連絡先:病院086-250-2252トリミング086-250-2262 FAX086-250-2269

院長 亀森 直さんのプロフィール
・ 岡山県立岡山城東高校卒業
・ 鳥取大学農学部獣医学科卒業
・ 岡山県の動物病院に勤務
・ 山口大学大学院卒業(獣医学博士)
・ 神奈川県の動物病院に勤務
(同時にエキゾチックアニマルの専門病院および鳥の病院で研修)
[所属]
・エキゾチックペット研究会
・鳥類臨床研究会

Share Button

深刻なペットロスから脱して、ケアファミリーへ

kuniko1前回、「余命宣告を受けたおばあちゃんのペットたち」でミニチュアダックスのモモちゃんとチワワのヒメちゃんを紹介させていただきました。10歳のヒメちゃんは、素敵な里親さんに巡り合い、名前そのままにお姫様待遇の毎日を送っています。残ったモモちゃん8歳は、ケアファミリーの邦子ママに預けられましたが、今では正式に邦子ママの子として4歳のチワワの美桜ちゃんと一緒に暮らしています。
その邦子ママのお宅を訪ねると、繁殖場から救い出されたマルチーズのすうちゃんが9月28日に可愛い3つ子の赤ちゃんを出産したばかり。コロコロと寝返りをうつ赤ちゃんを中心にすうちゃん、美桜ちゃん、モモちゃんが取り囲んでいるお部屋は、ほのぼのとした幸福感で満たされています。

オードリーとの出会いと別れ

ケアファミリーとして可愛いワンちゃんに囲まれている邦子ママですが、2年半前には今の幸せは考えられないといいます。というのも、6年間寝食を共にしたダックスフントのオードリーを亡くし、悲嘆にくれる毎日を送っていたからです。
オードリーはブリーダーから保護されたワンちゃんで、声帯を切られていました。また、普段はおとなしいのに、悲しいぐらいガツガツと食べる癖がありました。発育を抑えられていたのでしょう、食事も満足に与えられていなかったようです。コワイものに出会うと、脱糞、脱尿をします。心を閉ざし、いつもどこか遠くを眺めているような子でした。表現力がなく、いくらこちらが話しかけても手ごたえのない感じでした。
それだけに不憫で、犬が大の苦手だったご主人も何かとオードリーには声をかけ、面倒をみました。ようやくオードリーがなついてくれたのは、飼いはじめて3年が経っていました。近藤さん③
その3年後の8月、オードリーがクッシング病であっけなく亡くなりました。それは邦子ママの目の前で「突然シャッターがガッシャンと降りたみたい」な気分に陥れ、1週間降り続いた雨天をいいことに家に引き籠ってしまう毎日が続きました。ようやく人に会うことができたのは、3カ月後といいます。あくる年の2月には、鬱状態から抜け出すことができず、入院。3日間点滴を受けて過ごしました。
どうしてもオードリーの死を受け止めることができず、アニマルコミュニケーションを受けることにしました。そこで初めて、邦子ママの気持ちに新しい兆しが生まれたのです。

幸せになるための別れ

邦子ママ、ふと何となくネットをみていたらLey-Lineのサイトに出会いました。そこで「一時預かり(ケアファミリー)様 随時募集」のコーナーを見つけたのです。
ケアファミリーは、保護された犬たちが信頼できる里親に託されるまでの間、自宅でお世話をするボランティア活動です。ブリーダー崩壊や飼い主さんから見捨てられるなど辛い経験をしてきた犬たちはほとんどが心を閉ざしています。そんな犬たちに話しかけ触れ合い散歩ができるようにし、人間への信頼を取り戻してもらうようにするのがケアファミリーの大きな役割です。
「亡くなったオードリーが導いてくれた」ような気がした邦子ママ、さっそくケアファミリーに申し込むと、10歳のダックスフントが紹介されました。オードリーと同じ犬種です。ちょっと嫌な気がしました。別れることになるのが辛いから辞めた方がいいとご主人もいいます。しかし、オードリーが「一緒にやろう」と励ましてくれているような気がして引き受けることにしました。
ダックスフントは一時流行した犬種です。しかし、分離不安の傾向があり、ヘルニアにもなりやすい、声が大型犬と同じくらいに大きいなど、次第に敬遠されはじめています。そのため、見放されてレスキューされる子が後を絶ちません。オードリーのことを思えば、邦子ママにとってはなおさら後に引けない気持ちにされたのです。
引き受けて1か月後、里親さんが決まったという連絡が入りました。またしても、別れです。たくさんの涙がでました。しかし、死に別れではなく幸せになるための別れだと思うと、かえって清々しい気持ちです。ご主人も「よかった、よかった!」と祝福してくれます。何よりも、会おうと思えば会えるのですから…。
2014年3月以来、次から次へと間髪を入れずに新しいワンちゃんたちが邦子ママのお世話になっています。それに伴い、新しい犬友達が増え、心強いネットワークがどんどんと拡がっています。
生と死、出会いと別れ、そして信じること、愛すること…犬たちから教えられることははかり知れません。kuniko2
文責:吉本 由美子

Share Button

余命宣告を受けたおばあちゃんのペットたち。

ley-line52015年1月6日、LEY-LINEにやってきたチワワのヒメちゃん。

不思議なご縁で知り合ったある方からの相談で引き受けることになった子でした。

元飼い主であるおばあちゃんが入院する為に行き場がなくなったダックスのモモちゃんとチワワのヒメちゃんです。ley-line6
余命宣告を受けて入院となったおばあちゃん。
間に入ってこちらに相談してくれたのはこのヒメちゃんを何度かトリミングされたトリマーさんでした。

この方が一日でも長くそばに居させてあげたいと、入院ギリギリになってからLEY-LINEに連れて来てくれました(;_;)

ヒメちゃんは10歳という高齢だったので里親さんは難しいかな〜〜って思っていたけれど。。。

3月にとても素敵な出会いがやってきて、優しい優しい里親さんに寛大に迎えていただきました。

それだけでも感激だったのですが、先日ヒメちゃんの写真をいっぱい送ってくださいました。
アルバムにしてあり、可愛いコメント付きでした♡
ley-line2
おばあちゃん、おじいちゃんにトリマーさんが持って行くと涙を流して喜んでくれたそうです。

高齢の子を快く預かるよと言ってくれたケアファミリーさんには感謝しかありません。

それに里親さんのご配慮も、まるで自分のおばあちゃんのように親身になってるトリマーさんのお気持ちも素晴らしくて。。。

本当に心が温まる嬉しい出来事でした。ley-line1

おばあちゃんはもう歩くことは出来ないそうですが、また次の写真を楽しみにして頑張って欲しいです。

※facebookのLEY-LINEのタイムラインより転載

Share Button

記事一覧へ