わんにゃお信託®

wannyao_title

「わんにゃお信託®」は、大切なペットと終生ともに暮らしたいと願う、シニア世代のために創りました。(2015年5月から「ペットライフ信託」をあらため「わんにゃお信託®」となりました)

5種類の「わんにゃお信託®」で、
ペットの終生飼育を実現します。

「わんにゃお信託®」は、大切なペットと終生ともに暮らしたいと願うシニア世代のために創りました。
飼い主のあなたに“もしも!”のことが起こった時、あなたの遺志を受け継ぎ、ペットの終生飼育を実現します。

「わんにゃお信託®」の種類

もしもの時、ペットを託せる人がいない方のために…
わんにゃお定期

すでにペットの終生飼養費用を用意している方に最適です。

  • ①ペットライフネットと終生飼養契約を結んでいただきます。
  • ②ペットの終生飼養費用をご自分の名義の定期預金(他の預貯金とは別の口座)にいれていただきます。
  • ③公正証書遺言を作っていただき、もしものときはペットライフネットにペットの終生飼養を委託していただきます。
  • ④健康面での不安を抱えておられる場合は、任意後見(見守り契約)をしていただき、病気・入院などでペットのお世話ができなくなった時点でペットライフネットがペットを終生預かります。
わんにゃお遺言

病気入院や高齢者施設への入居などで、ペットのお世話ができなくなることがはっきりした方にお勧めしています。

  • ①ペットライフネットと終生飼養契約を結んでいただきます。
  • ②終生飼養料の全額をペットライフネットに寄附していただきます。
  • ③遺言書を書いていただきます。
  • ④飼い主さまの意向を汲んだ里親を選出し、面談のうえ、了解をえます。
わんにゃお信託

終生飼養費用を自分名義の定期預金で管理するのが苦手な方には、信託会社にまかせる信託契約をお勧めします。

  • ①ペットライフネットと終生飼養契約を結んでいただきます。
  • ②信託会社と金銭管理契約を結んでいただきます。
  • ③ペットの終生飼養費用を信託会社に入金していただきます。
  • ④公正証書遺言を作っていただき、もしものときはペットライフネットにペットの終生飼養を委託していただきます。
  • ⑤契約者がペットのお世話ができなくなったことをペットライフネットに伝える「通知人」を設定していただきます。
  • ⑥通知人からペットを預かるように申し出があった時点で、ペットライフネットがペットを引き受けます。
  • ⑦里親を選定し、ペットのお世話を依頼します。
  • ⑧里親から飼育に掛った領収書等を提出していただき、ペットライフネットが精査をし、その金額を信託会社から里親に振り込んでもらいます。
わんにゃお積立

ペットを飼いはじめたばかりで、ペットの生涯飼育費用をこれから貯めていこうと考えている方にお勧めします。

  • ①ペットライフネットと終生飼養契約を結んでいただきます。
  • ②ご自分の名義で積立預金を契約していただき、必要なペットの終生飼養料を定期的に貯めていただきます。
  • ③毎年、自筆遺言書を更新していただき、もしものときはペットライフネットにペットの終生飼養を委託していただきます。

もしもの時、ペットを託せる人がいる方のために…
わんにゃお民事信託

もしもの時、ペットの世話を頼める方いる場合に適した方法です。

  • ①弁護士、司法書士の方に信託内容の相談をします。
  • ②ペットライフネットと終生飼養契約を結んでいただきます。
  • ③公正証書遺言をつくっていただきます。
  • ④ペットライフネットが信託監督人となり、ペットが新しい飼い主に託された時から、ペットのお世話の仕方や健康状況をチェックします。

「わんにゃお信託®」に託す終生飼養費用は、エンジェル診断から導きだします。

エンジェル料金(終生飼養料金)の導き出し方

エンジェル診断(ペットの余命診断)
  • かかりつけの獣医の健康診断とペットのライフスタイルをベースに長寿かどうかを判断します。
余命年数
  • 長寿が見込める場合は、平均寿命(現在、犬・猫の平均寿命を16歳に設定しています)にプラス2歳、18歳まで長生きをするものと考えます。逆に持病などがあり短命と思われる場合は、マイナス2歳の14歳が寿命だとします。
  • 想定した寿命から今現在の年齢を差し引いた年数が、ペットの余命年数です。
生涯飼育費用
  • 飼い主さまが1年間ペットの飼育にかけられている費用を割出していただき、その1年間の飼育費用に想定したペットの余命年数を乗じたものが、生涯飼育費用(A)になります。
高度医療費用
  • ペットの高齢化に伴い、ガンや心疾患などの難病を患うケースが増えています。そこで、もしもの場合に高度医療を望まれるかどうかもヒアリングします。これがペットの医療費用(B)です。
葬儀・埋葬費
  • また、ペットが亡くなったとき、どのような葬儀や埋葬を望まれるかもお聴きし、葬儀・埋葬費(C)と計上します。
エンジェル料金(終生飼養料金)
  • 生涯飼養費用(A)+高度医療費用(B)+葬儀・埋葬費(C)+終生飼養管理費(30万円/このうち契約時に10万円を支払う)(D)+予備費(引き取りなどの交通費他)(E)の合計が、エンジェル料金です。

 

Share Button