「わんにゃお通信」vol.2を発刊しました!
特集は、来年6月から施行される「数値規制」の問題です。

◎今年の夏、新型コロナウィルスの感染拡大でセミナーなどのイベントが開催できない状況になり、ペットライフネットの情報誌「わんにゃお通信」を創刊しました。そして、第2号をこのほど発刊しました。このページの下にアップしていますので、ご覧ください。
◎今号の特集は、ペット弁護士で名高い細川敦史さんに環境省で協議されている「動物の適正な飼養管理の基準」についてわかりやすく紹介していただきました。ぜひ、ご一読いただき、11月17日までに環境省にパブリックコメントをお寄せください。

◎「終活」を掘り下げるために、昨年末に、「ペットを愛する方のためのエンディングノート ペットの終活×人の終活」を創りました。ペットの終活と人の終活が一冊にまとまっているユニークなものです。
※エンディングノートに関心をお持ちの方や法人の方は、ペットライフネットの事務局にお気軽にお問合せください。◎すでにお気づきかと思いますが、ホームページに新しいコーナーが誕生しました。「今日のわんにゃお」です。このページは、インスタグラム「pet_life_net」と連動しています。ほぼ毎日更新していますので、ぜひ、ご覧ください。ご自分のペットの写真をアップしたい方は、ぜひ、ペットライフネットにペット写真をお送りください。◎オリジナル童話「ビューティフルネーム ~ココちゃんと隊長~」もこのホームページで掲載しています。実話をもとにした童話です。ぜひ、ご感想をおきかせいただきますよう、お願い申しあげます。

ペットライフネットの情報誌『わんにゃお通信』第2号です!

■ペットライフネットの情報誌『わんにゃお通信』(A3判4頁のカラー印刷)の秋号のトップページでは、弁護士 細川敦史さんに「動物の適正な飼養管理の基準」(いわゆる「数値規制」)について、その経緯と問題点をわかりやすくまとめていただきました。
■2ページの「いつまでもペットと一緒」では、コロナ禍のなかピンチをチャンスに変えて、猫たちのために奮闘するNPO法人ツキネコ北海道のみなさんを取材しました。
■3ページの「ペットの終活・私の終活 相談室」では、今年7月から施行された自筆証書遺言について特集しています。使い勝手がよくなり、保管制度も導入されました。ペットを飼っておられて、遺言書の必要性を感じておられる方は、ぜひ、ご一読ください。
■4ページの「我が家のわんにゃお」では、NPO法人ツキネコ北海道の「永年預かり」制度を活用して、80歳で猫と一緒に暮らし始めた川口浩さんにお話をお伺いしました。


◎PDFを添付していますので、ぜひ、ご覧ください。
01

◎2ページのPDFはこちらです。
02

◎3ページのPDFはこちらです。
03

◎4ページのPDFはこちらです。
04