イベント

「猫と高齢者」第2弾 結果報告

2017年7月29日大阪市立中央会館で、「~空前の猫ブームの中で、猫を飼いたい高齢者は~猫と高齢者 第2弾」を開催しました。

今回は、朝日新聞記者の太田匡彦さん、獣医師・保護動物アドバイザー西山ゆう子さんの基調講演に、パネルディスカッションでは細川敦史弁護士、「大阪ねこの会」代表荒井りかさんという超豪華メンバーをお招きしての講演です。

それだけに参加者も、土井裕美子橋本市市会議、竹下隆大阪市市会議員、社会福祉協議会1名、高齢者住宅の施設関係者、大学生、さらには広島のNPO法人SPICA、尼崎のNPO法人C.O.N、クラウドファウンディングで旅費を募って参加されたペットヘルパーつむぎさんなど多彩な顔ぶれが揃いました。総勢108名の熱い期待をえての開催となりました。

勉強会に参加くださったみなさんの感想

1.セミナーの写真を一手に引き受けてくださった海野隆さんのfacebook
2.講演者の荒井りかさんの「パピのねこ日記」
3.受付を手伝ってくださったキャットソシオンさんの啓発活動中「いっしょに暮らそう」
4.クラウドファンディングで参加してくださった武田真優子さん/ペットヘルパー&うさぎケア つむぎ
同じく武田真優子さんが西山ゆう子先生が言及された重症熱性白血球減少症(SFTS)について、詳細な報告をしてくださいました。飼い主のいない猫の救済をされている方にはぜひ、お読みください!

「もっと、保護犬、保護猫」さんからの報告と感想

7月29日(土)に開催された、NPO法人ペットライフネット主催「猫と高齢者 第2弾!」に参加してきました。
『犬を殺すのは誰か -ペット流通の闇』で著名な朝日新聞社記者太田匡彦さん、『小さな命を救いたい』の西山ゆう子さんのお二人の講演が一度に聴けるチャンス!

基調講演(1)
「猫を巡るビジネス環境および高齢者の飼育放棄問題について」
朝日新聞記者 太田匡彦さん


猫は犬の「二の舞」になる……
太田記者の著書『犬を殺すのは誰か -ペット流通の闇』の読者である私は、この言葉を聞いただけで背中に冷たいものが走るのを感じた。
猫より30年早くビジネスとして成立した犬たちに起きた悲劇を、これからも繰り返し続けるのだろうか。
生体小売業者を頂点に据えた「大量生産・大量販売・大量消費」のビジネス構造。
改正動物愛護法は、保健所に犬猫等販売業者からの引き取りを拒否することを認めたけれど、犬の大量遺棄事件や引き取り屋の存在が、問題の本質が何ひとつ改善されていないことを物語っている。

猫の主な遺伝性疾患についても言及。
スコティッシュ・フォールドの骨軟骨形成不全症は、誰もが懸念する問題である。
そもそも、遺伝性疾患の生体販売は違法なのだが。
昨今では、「サプリメントペット」と称し、高齢者にペットを買わせる口実に使用しているとか……。

◎日本の動物福祉向上のために、「殺処分ゼロ」を超える
◎ビジネス◎構造に変革をもたらせるような動物取扱業適正化を
◎地方自治体による動物取扱業者への監視指導の強化を
◎動物愛護(保護)団体への補助および自主規制を

パネルディスカッションのなかで、多頭飼育崩壊に触れたとき、太田記者が「地域の崩壊」と述べられたことに、強い印象を抱いた。

基調講演(2)
「猫を看取るのは誰か?~保護猫が問いただす❝いのち❞の課題~」
獣医師・保護動物アドバイザー 西山ゆう子さん

国が「殺処分ゼロ」を目指すという方針を打ち出したために、巷間は「殺処分ゼロ」の保護犬・保護猫ブームに沸いている。しかし、実態は保健所からボランティアの元へ、犬や猫が「移動」しているだけ。ボランティアに過剰に依存する現実が浮き彫りになっている。
決して、「譲渡」と「移動」を間違えてはならない。
「譲渡」とは、生涯飼育してくれる飼い主にもらわれることだ。
愛護団体には、さまざまな動物たちがやってくる。すべての動物たちが譲渡される可能性が100%ではないことは、私たちには周知の事実である。
愛護団体から出られない動物たちがいるにもかかわらず、「殺処分ゼロ」を声高に謳う現状に疑問を呈したい。

■今後の展望

・行政にできること
センターでの看取りや、医療ネグレクトの監視、老犬老猫ホームやホスピスの「正しい」施設の充実など

・獣医関係者にできること
一般診療と保護動物診療の分離、在宅診療「シェルター医」の普及など

・獣医師会、専門委員会にできること
安楽死、末期医療、保護動物医療の「ガイドライン」など

◎西山先生のFacebookの投稿(2016/10/12)から、一部抜粋したものをご紹介させてください。動物たちにはもちろん、ボランティアの心に寄せる西山先生の想いに、涙がとまらない。

「あずき」~愛護団体にずっといる猫

保護動物とは、飼い主がいない動物のこと。
生涯、死ぬまで責任を持って飼ってくれるという人がいない動物のこと。
だから、動物愛護団体の施設の中で、
その人がある日、現れるまで、
じっと待っている動物たちのこと。
(中略)
いつか、一生、責任を持って飼ってくれる人と、
めぐり会えるように、願いながら、
時が刻々と流れてゆく。
そして、やはりある犬は、ある猫は、その人が現れることなく、
歳をとり、老いてゆく。
ゆっくりと。ゆっくりと。
私は思う。
日本中にいる、あずきちゃんに伝えたい。日本中のあずきちゃんのお世話をする、
心優しいボランティアさんに、伝えたい。
ずっとこの子がここにいて、幸せなのかと悩む日々。この子にもっと、お金をかけてあげられたら、この子にもっと、時間をかけてあげられたらと、思う日々。折れそうになる心を、ずっとこらえて、毎日お世話をしている、心やさしいあなたへ。
(西山ゆう子先生のFacebookより一部抜粋)

パピーミルを代表とする悪徳業者や悪徳団体、無責任な飼い主、無関心な人々。
多くの要因が、罪のない多くの犬や猫たちを苦しめ、ボランティアの心を疲弊させている。
今の社会のシステムに終止符を打ちたい。そう願うのは私だけではないはずだ。
もし、私の想いが、あなたの心を、ほんの1ミリでも動かすことができたのなら、どうか手を差し伸べてはくれないだろうか。
今日も、多くの保護犬や保護猫が、自分だけの家族が現れるのを待っていて、ボランティアは命をつなぐために奔走している。

パネルディスカッションの結果報告と反省


太田匡彦さん、西山ゆう子先生の基調講演を受けて、細川敦史弁護士、「大阪ねこの会」代表 荒井りかさんの参加をえて、ペットライフネットの代表吉本由美子の司会進行のもとパネルディスカッションを開催しました。
その席上で、直近で起こった平野区および奈良五條市での多頭飼育崩壊の現場報告もお願いしました。
基調講演での問題提起、さらには今進行中の多頭飼育崩壊、1匹1万円で保護猫を引き取る団体の話など、多岐にわたった課題が一挙に噴出してしまい、討論をする暇もなく終了してしまいました。これは、司会進行の不手際と言わざるをえません。
登壇の方々、参加者のみなさまに深くお詫び申しあげます。

「猫と高齢者」第2弾 アンケート結果

参加者105名のうち、91名の方(86.7%)が来場者アンケートにご協力くださいました。しかも、びっしりと感想が書き込まれていました。ほんの少しですが、その一部をご紹介しましょう。
(1)本日のセミナーに参加された理由を教えてください(複数回答可)
「犬・猫の保護や譲渡など、ボランティア活動に自分がかかわっているので」が、「猫を飼っているので、猫のことに関心があったから」の40名をぬき、47名でトップでした。
「ペットの世話ができなくなるなど、高齢者が引き起こす問題にかかわったことがあるので」は、24名。アンケートに答えてくださったかたの4人に1人は経験があることになります。

(2)本日のセミナー全体に対するご感想をお聞かせください。
「大変満足」と「満足」を合わせると、90%。参加者のみなさんからは、合格点をいただいたといえるでしょう。具体的なご意見、ご感想をピックアップしましたので、ご一読ください。
◎「大変満足」とされた方のご意見・ご感想
・「太田記者の現実を表す数字や西山先生の獣医師としてのリアルな話をきけて、辛いこともありますが、大切な時間をすごせました。犬・猫の保護活動について、最近勉強を始めたばかりなので、これからもいろいろと勉強していきたいとあらためて思いました。」
・「ペットの小売業の禁止が難しいと太田さんよりコメントがあり、現状の貴重な情報がいただけた。ペットショップがなくなるのが理想ですが、なくならなくても解決法があるのではという具体案も聞けて良かったです。岡山で1匹25万でひきとるという団体がると相談されたことがあるので、荒井さんの最後の話も参考になりました!」
・「命のブームの中にある猫たちのこと、その社会を変えることの難しさを知りました。太田先生の多頭飼育は社会全体の問題だという言葉が印象的でした。」
・「西山ゆう子先生の講演を聴きたかったので、大阪で話が聴けて大変うれしいです。また、このような勉強会をしていただきたいと思います。」

◎「満足」とされた方のご意見・ご感想
・「いろいろと重要なテーマがありましたが、時間が足らなくて残念です。一つひとつ、もっと掘り下げて話を聞きたいです。高齢者もペットも終生暮らせるように…」
・「パネルディスカッションの時間がタイトだったので、先生方のお話をもっと掘り下げてうかがうことができればよかった。」

◎「普通」とされた方のご意見・ご感想
・「パネルディスカッションで太田さんや西山さんから報告されていた問題への取り組み等について議論が深化されるかと思っていたが、途中から多頭飼育崩壊に話が移り、ディスカッションが深くならなかったように思います。いろんな局面で問題が生じているのはわかりますが、日本の場合、安直な商品化、動物ビジネスの問題が大きいかと思います」
・「パネラーの方々、とても重要な内容を教えてくださるのですが、とどのつまり行政に関わる方々が聞いて行政に反映させなければ何にもならないと思います。あと、何が何でも生体販売をやめさせて欲しいと思います。」

◎「不満」とされた方のご意見・ご感想
・「今、高齢者がどうすればいいのかという話がとても少なかった」


(3)NPO法人ペットライフネットは、高齢者とペットがともに安心して暮らせる社会を築きたいと願っています。そのためにセミナーや勉強会を開催していますが、以下のテーマのなかで関心がある、参加してみたいと思われるものがありましたら、〇をつけてください(複数回答可)
関心のあるテーマは、「ボランティア活動と地域、自治会、行政とのネットワークについて」が圧倒的に高く、56名。次いで、「人の福祉と動物の福祉の連携について」が45名。動物問題を地域や社会の問題として共有していこうという意識が顕著に表れた結果になりました。

以上です。

みなさまのご意見、ご感想をお寄せください。

(文責:吉本 由美子)

 

Share Button

議員の方々とともに学び、考える            「動物行政の現状と課題」 結果報告

2017年4月23日、大阪市北区西天満のエートスステーションで「動物行政の現状と課題」について考える勉強会を開催しました。

当日の参加者は、議員8名(横山英幸府議、三田勝久府議、本田りえ市議、佐々木りえ市議、高見市議、辻淳子市議、田代ゆうこ堺市議、土井ゆみこ橋本市市議大阪)、社会福祉協議会1名、大阪府環境農林水産部動物畜産課動物愛護グループ1名、スタッフも加えると総勢71名。70人収容の会場がぎっしり埋め尽くされました。

議員の方々をお招きするのは今回が初めての試みで、正直、どのような展開になるのか予測もつかなかったのですが、1時半から5時までの長丁場、熱気あふれる緊迫した勉強会になりました。ひとまず、大成功といってもいいでしょう。この熱意を次につなげていくことが主催者に課された重責だと実感した次第です。

勉強会に参加してくださった方々の感想

勉強会の詳細や感想については、たくさんの方がfacebookやブログにアップしてくださっています。ご紹介しますので、ぜひ、ご一読ください。

1.ネコアパートメントの「イベント・アート展」
2.海野隆さんのfacebook
3.講演者の荒井りかさんの「パピのねこ日記」
4.受付を手伝ってくださったキャットソシオンさんの啓発活動中「いっしょに暮らそう」
5.近畿圏の動物愛護管理センターの殺処分状況を調査してくださった、たかひら正明さんブログ

「もっと、保護犬、保護猫」プロジェクトさんの報告

ここでは、「もっと、保護犬、保護猫」プロジェクトさんがまとめてくださった報告書を転載させていただきます。

4/23(日)、Neco Apartment主催「議員の方々とともに学び、考える勉強会 動物行政の現状と
課題」に参加しました。
5年に一度見直される「動物愛護管理法」の改正が来年に迫る中、動物行政に関わる議員の方々と
動物愛護・福祉に携わるボランティアとが同じテーブルに着き、動物行政の現状と課題を話し合う
貴重な勉強会です。しかも無料!出席しないわけにはいきません。

基調講演(1)
「現状の動物愛護管理法と地方自治」弁護士 細川敦史先生
細川先生、伊丹市の事務所に所属されているんですね。余談ですが、個人的に伊丹ラブな私は、
もうそれだけで細川先生を依怙贔屓してしまいます(笑)
動物愛護管理法の成立と流れをご存知の飼い主は、どれほどいるでしょう?引取り数や殺処分数の
推移については?
「殺処分ゼロを目指す」というムード自体は悪いことではありません。しかし、数値だけでは見え
てこないものもあります。動物取扱業に関する規制や終生飼養、不妊去勢手術の徹底なくして、
真の「殺処分ゼロ」は実現できません。
◆私たち(地方議員)にできることは?
①動物愛護条例の制定・改正
法律をなぞるだけでなく、法律に先駆けて地方独自の規制も
・自治体が野良猫の不妊去勢手術を実施する神戸市条例(H29.4施行)
・56日規制や動物福祉目的規定を取り入れた札幌市条例(H28.10施行)
・取扱業が届出制の時期に登録制を導入した東京都や愛知県条例
②都道府県作成の推進計画やアクションプランのチェック
③殺処分減少対策=飼い主のいない猫対策
④動物愛護推進協議会への関与
⑤動物関係者と日頃からの顔の見える関係 動物関連施設の視察、勉強会への参加など
⑥動物、ペット問題に対する継続的な取組み
◆私たち(一般市民)にできることは?
①動物愛護に関する社会への関心が高まれば、法改正に影響する
②普段から、身近な動物行政や議員と顔の見える関係をつくる。一発花火ではなく、地道に、
着実に、息の長い活動を続ける
③近くのペットショップだけでなく、保護施設(行政・民間)やきちんとしたブリーダーから
迎え入れる選択肢もあることを知ってもらう
◆私たち(ボランティア)にできることは?
①パブコメや署名活動への参加
②各自ができることをやる、続ける
動物の保護自体ができなくても一時預かり、ささやかな or 大きな経済的支援、専門家
(動物の取扱いはもちろん、それ以外でも会計、人事、法律、経営など)として組織に協力する
③自分のペットを大事にする

基調講演(2)
「ねこ問題からみた大阪の現実と課題」大阪ねこの会 代表 荒井りかさん
抜群の面白さで定評のある荒井りかさんのお話。
今日も楽しくお話を拝聴しながら、あら?不思議!「ねこ問題」について詳しくなってしまう。
「ねこ問題」は「社会問題」です。
多頭飼育崩壊、飼い主のいない猫(野良猫)、動物への虐待…「ねこ問題」の根幹は、その他の
「社会問題」と同一です。「ねこ問題」だけを切り離して解決しようとすればするほど、
一般市民からはかけ離れた問題になってしまうのではないでしょうか?
行政・地域福祉・教育を巻き込んでの解決を。
そして、善意を悪用されないために、ボランティアは情報の共有と、冷静な判断を。

基調講演(3)
「尼崎動物愛護基金設立のプロセス~議員提案の威力~」NPO法人C.O.N 理事長 三田一三さん

平成21年度に全国初のふるさと納税「動物愛護基金」の創設を要望されたNPO法人C.O.N。
平成24年度には議員提案により「動物愛護基金条例」の制定に至っています。
動物愛護基金を指定したふるさと納税は、初年度の24年度が644万9000円。
平成28年度は628万6900円!
ある議員の方の想いを引き継ぎ、「動物愛護基金条例」の実現にこぎつけた三田さんの情熱が、
多くの猫たちの命を救っています。

たかひら正明さんからは「近畿の各自治体 殺処分数についての報告」のご説明がありました。
数値からは見えてこない現状が記された素晴らしい資料です。

3時間以上にわたる濃厚な勉強会でした。
本日伺ったお話を、どう自分の活動に落とし込んでいくか。ボランティアそれぞれの答えがあると思います。
私たちはそれぞれに事情や立場があり、できること・できないことがあります。「殺処分ゼロ・収容数ゼロ」の達成には保護活動は重要なことではありますが、それ以外にも必要なことはたくさんあります。啓発活動はそのひとつだと考えています。あなたの隣の人に、「今も年間で約8万匹もの犬や猫が殺処分されているんだって」と話すことも、とても大切な活動です。
すぐに目に見える結果が出なくても、あなたの活動は決して無駄ではありません。あなたは、目には見えない「命のバトン」をつないでいるのです。

勉強会のアンケート結果

当日の勉強会では、アンケートをお願いしました。回答者は44名。うち無記名は、わずか8名でした。フリーアンサーの欄にはビッシリ感想が書き込まれていました。簡単にアンケート結果をご紹介しましょう。
(1)本日の勉強会に参加された理由は?
「動物問題に対する行政の取り組みを知りたかったので」がトップで、39名。二番目の「動物愛護管理法の改正に関心があるので」を大きく引き離しています。行政の取り組みを知る機会も少なく、また行政の情報発信力も弱いことを裏付けているのではないでしょうか。

(2)本日の勉強会に対する満足度は?
「非常に満足」「満足」を合わせると、88%といううれしい結果になりました。議員の方々やボランティア活動をされている方、そして一般市民が一堂に会する機会がほとんどなかったからでしょう。これを契機に、勉強会を定例化するようにしたいと思います。

(3)セミナーや勉強会で関心のあるテーマ
「ボランティア活動と地域、自治会、行政のネットワークについて」に関心のある方が33名。次いで、「人の福祉と動物の福祉の連携について」が26名でした。
みなさんの関心が、単体の活動からネットワーク化、多層化といった新たな拡がりを求めていることがよくわかる結果になりました。

(4)本日の勉強会の感想やご要望
◎今後も続けて!
・開催をしていただき、ありがとうございました。とてもためになる話ばかりなので、
ぜひキャパを広げてもっとたくさんの方が参加できれば良いなと思います。
ぜひ、今後も続けてください。
◎行政、地域、ボランティアの連携が大事
・これからも定例会を。行政、ボランティア、地域が一体となれる日がくればよいですね。
・「大阪ねこの会」代表荒井さんのお話にあったとおり、お互いにできることをボランティアや
地域住民とすり合わせていくことが大切だと思いました。
・行政が実施できること、できないことも社会全体で理解を深め、行政とボランティア(団体)や
民間企業との連携を進める必要がある。行政は団体の意見を重視しないことがある。
顔を合わせ、意見交換を行い、相互協力をすることで殺処分の減少に活かす必要がある。
◎猫問題
・私は家族で地域猫のTNR活動をしているのですが、近所の人には地域猫の本質を理解して
いただけないことが多々あります。
もちろん、全員の理解を得ることは難しいと思いますが、せめて存在だけでもたくさんの
人に知ってもらえるよう、何か取り組みはできないでしょうか。
(私たちは1年前に偶然、活動をしている方に声をかけてもらったことをきっかけにTNRの
存在を知り、協力するようになりました。もっと広めることができれば協力者も増えると
思います)
◎犬問題
・猫と犬では抱えている問題が違うので、犬の勉強会をお願いします。動物愛護管理法、狂犬病、
条例など知っている飼い主がどれだけいるのだろう?
ペット・福祉・教育、三位一体だと思います。
ひとまとめにして、ペットの問題だけ切り離して考えないような風潮にしていきたい。
ボランティアにこれ以上負担のかからない社会に!!
◎飼い主責任
・正しい飼い方の指導が「悪質な飼い主取締・処罰」等の方向に運動が向かっていくと、
ついていきにくくなります。「困った人は困っているヒト」という視点をもっていただいた方
が様々なところと連携がやりやすくなると思います。

その他、たくさんのご意見をご感想をいただきました。ありがとうございます!

Share Button

猫茶会「ねこ助け入門」 結果報告


2017年4月15日(土)、大阪市北区中崎町にあるキャット・ソシオンでン猫茶会の第6弾「ねこ助け入門」を開催しました。

12名の参加者に猫のボランティア活動をされている4名の方が加わり、総勢16名。個人的にTNRをされいる方、ミルクボランティアに興味のある方、イラストが大好きなのでこれで猫のために役立ちたいと考えておられる方、自分のできる範囲で猫のために何ができるか思案されている方、参加者それぞれの思いは違いますが、猫愛だけはあふれんばかりです。

だからでしょう。みなさん、実際にボランティア活動をされている方からの発言をひとことも聞き漏らすまいと真剣そのもの。いつもの「猫茶会」とは一味違って、ぴ~んと緊張感がみなぎりました。

新たにパワフルな猫仲間がまた増えそうな「猫茶会」になりました。

※写真は、キャット・ソシオンさんのブログからお借りしました。

◎5月5日の毎日新聞に「ねこ助け入門」の取材記事が掲載されました。

Share Button

記事一覧へ