イベント

「ペットを愛する方のための遺言講座」結果報告

2018年11月25日(日)、大阪市立総合生涯学習センターの第5研修室で「もしもの時、あなたのペットは大丈夫?! ペットを愛する方のための遺言講座」を開催しました。12月がまじかというのに初秋のような気持ちの3連休にもかかわらず、23名の方が愛犬・愛猫のために参加してくださいました。

講演【1】は、司法書士 木村貴裕さんによる「はじめての遺言書…知っているようで知らない遺言書」。遺言は、遺された家族の「トラブルをできるだけ避けるために」、そして自身が「これからを安心して過ごすために」元気なうちに用意しておくもの。
そのために必要な知識、たとえば遺留分(法定相続人に遺産のうち最小限の割合が確保される)や遺言書の種類、さらには来年度から民法が改正される自筆証書遺言についてなど、わかりやすく丁寧に解説していただきました。

講演【2】は、弁護士 檜山洋子さんによる「ペットのための遺言書…ペットに資産を遺す方法と事例」。ペットは民法も刑法もともに「物」としての扱いをうける存在。「動物愛護管理法」や「慰謝料請求裁判」では特別扱いされうる動物も、こと相続となるとやはり「物」として扱われます。ペットが終生幸せに過ごせるためには、ペットの行く末を飼い主が信頼できる第三者にペットの所有権を承継するよう遺言をしておく必要があります。そのための遺言書の例文も用意していただきました。そしてペットに財産を遺す方法として負担付遺贈・負担付死因贈与・信託があり、それぞれのメリット・デメリットを教えていただきました。

講演【3】は、ペットライフネット代表の吉本が「ペットのためのエンディングノート『ペットの終活×人の終活』」を紹介。モノをいうことができないペットのためにも、ペットの習性や好みをしっかりと書き留めることから始めてほしいと力説しました。
150分の長丁場でしたが、みなさんメモをとりながら真剣に耳を傾けていました。ペット愛にあふれた講座でした。

アンケート結果より

(1)本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。
参加してくださった23名のうち、21名がアンケートにご協力くださいました。しかも、「大変満足」と「満足」をあわせると9割を超えていました。
その理由をお聞きしましたら、
  ・自分が先に死んだらウチの仔はどうなるか…と、気になっておりました。
   具体的にどうすればいいのかという話がきけて、すべきことの道筋が見えた
   ように思います。
  ・法律の難しい内容かなと思っていたのですが、自分自身の意識を変える      
   いい機会になりました。
 ・今後必ず必要になってくるセミナーであるため、非常に勉強になった。
…などなど、大きな評価をいただきました。
一方で、「いろいろと勉強になりました。また、疑問も出てきました」というご意見もあります。新たな疑問に応える機会を用意する必要を感じました。

(2)次回の「ペットのための遺言講座」では、どのような講座をご希望でしょうか?(複数回答可)
半数以上の方が「ペットを愛する単身者のための相続と遺言」をリクエストされました。単身者とペットの問題、これから大きな課題になってくると考えられます。
また、「家族がペットを引き取ってくれない場合の相続の仕方」についても7名の方のご要望がありました。ペットの行く末を想うと、飼い主さんの悩みの深さが伝わってくるように思えます。

(3)NPO法人ペットライフネットは、高齢者とペットがともに安心して暮らせる社会を築きたいと願っています。
そのためにセミナーや勉強会を開催していますが、以下のテーマのなかで関心がある、参加してみたいと思われるものがありましたら、〇をつけてください。(複数回答可)

圧倒的に多かったのが「高齢者が終生飼養を実現するための手法や人的ネットワークづくりについて」の14名。また、「高齢者を対象とした保護動物の譲渡方法について」にも9名の方が関心を寄せておられます。
高齢になっても動物と一緒に暮らしたいという切実な思いがひしひし伝わってくる結果になりました。

(文責:吉本)

Share Button

犬や猫の保護活動における獣医師たちの新たな挑戦!

 2018年11月23日(金・祝)にドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)5階特別会議室で、「犬や猫の保護活動における獣医師たちの新たな挑戦!」を開催しました。収容人数108名の会場に95名の方が参加。会場は満席です。しかも、東京、愛知、広島、愛媛と、遠方からの参加者も多く、職業や所属についても保護動物のボランティア(個人)を筆頭に獣医師、動物愛護・福祉のNPO団体の方、動物看護士さらにはケアマネージャー、行政書士、大学教授と多士済々。参加されたみなさんが「獣医師の挑戦」に大いなる関心と期待を抱いておられるのがわかります。
午後2時開演。最初の講演は、米国獣医師・西山ゆう子さんの「私が、動物病院へやってくる、ペットと飼い主のために働くことを辞め、捨てられた犬猫の獣医師になろうと決心した理由」。どのような内容になるのかと固唾をのんで待っていると、「動物のお医者さん」という漫画からスライドが始まりました。これで会場は一度に和やかな雰囲気に包まれたのですが、「私が動物のお医者さんになろうと決めた理由」の段になるとすすり泣きがちらほら。そして、「私がアメリカに行くと決めた理由」になるとシ~ンと緊張した空気が流れました。ハンカチをもつ方が目立ち始めます。

次の講演は、西山獣医師より20歳も若い獣医師・橋本恵莉子さん。今年7月に八尾市に猫の避妊去勢手術専門クリニック「Happy Tabby Clinic」(略して「ハピタビ」)を開業されました。
ハピタビの活動目的は、
(1)猫の避妊去勢手術の実施は、自宅ガレージを改装して手術室に。
(2)保護猫を里親につなげる活動は、定期的に譲渡会を開催。
(3)啓発活動とコミュニティの構築は、居間を開放して保護猫がくつろいでいるなかで、さまざまな猫問題を語り合うコミュニティルーム「Happy Tabby Room」になっています。
今までにない保護猫活動の新たなステージが切り拓かれたという実感がわきました。

最後の西山獣医師と橋本獣医師との対談では参加者から寄せられた相談をもとに、
テーマ①動物愛護・福祉を仕事にして、ちゃんと生活ができるのかどうか?
テーマ②保護活動で燃え尽きてしまわないためにはどうする?
テーマ③20年後、日本の動物愛護に必要な人材とは?
テーマ④急増する高齢者問題。動物×ヒトの福祉は?
以上の4つのテーマで話し合っていただきました。

荒井りかさんがブログ「パピのねこ日記」で報告してくださいました


西山ゆうこ先生のお話から。

ご自身がネタを提供したという「動物のお医者さん」(漫画)の笑いを誘った冒頭から一転・・・

西山先生が獣医を志すきっかけとなった幼い頃の愛犬「ゴロちゃん」の悲しいお話。

まだ女性獣医が少なかった頃のパワハラ・セクハラ・・壮絶な苦難を乗り越えて今に至るお話。

泣きました・・(会場の皆さんからもすすり泣きが)

ワタシは同じような世代、田舎育ちですので犬のことも女性差別のことも自分の体験といろいろ重なりました。
今、思えばいろいろと理不尽な時代でした。

それでも、
西山先生のように強く生き、何もかも乗り越えて、夢をかなえている姿に励まされました!

西山先生が、個人的なお話をされるのは今回初めてだそうで、今回の参加者は貴重なお話が聞けたことになります。

そして橋本恵莉子先生のお話。

橋本先生は、西山先生よりずいぶん若く、まさに「動物のお医者さん」を読んで獣医を志した次世代。

軽やかに大学時代を駆け抜け、全くフツーの獣医さんになっていたのに
ボランティアさんたちからTNRの手術を頼まれたことがきっかけで
TNR専門病院「Happy Tabby Clinic」を開くようになるまでのお話。

そして、これから一般的な人に、どうやったら保護猫との接点を気軽に持ってもらえるか。
その試みとして病院に併設している「Happy Tabby Room」のお話。

西山先生から橋本先生へとつながる道が見えた感じです!
未来は次世代へと確実にひきつがれ、
確実により良いものになっていくという予感がしました!

会場はびっしり満員でした!!

休憩のあと、2人の先生たちへの質問と対談です。
テーマが4つありました。

1.動物愛護・福祉を仕事にして生活が成り立つか?

ボランティアさんたちに寄り添いたくても、獣医が生活できないような状況では難しいという意味ですが、お二人とも実際に収入を得て生活が成り立っておられるということで、
さらに次世代の獣医さん!安心してください!

2.保護活動で燃え尽きないためにはどうする?

「無理をしない」「できることをする」
「1匹しか救えなかったではなく1匹救えたと思う」などなど。
励ましのお言葉をいただきました!

3.20年後、日本の動物愛護に必要な人材とは?

20年後は想像しにくいということでしたが・・
西山先生は「動物看護士がもっと活躍することを期待している」ということでした。

4.急増する高齢者問題、動物×ヒトの福祉は?
西山先生のお話では
「アメリカは普通の人が普通に保護猫・保護犬を飼ったり親類などの犬猫のセカンド・オーナーになったりしている。
日本では、親戚がいても誰も犬猫を引き取らないのが現状。このあたりの意識がもう少し変わっていくべき」ということでした。

確かにそうです。
子犬・子猫から飼いたい人が多い日本。(特に高齢者がそうですね)
大人猫や大人犬の良さをわかってもらいたいです。

橋本先生のお話では、
「まさにHappy Tabby Roomでやっていこうと思っていることです。
地域コミュニティの場となって大人猫の良さや猫を飼うとはどういうことかを学んでもらったり相談にのったりオーナーさんたちが話し合える場所でありたいと思います。」

獣医さんがコミュニティを意識して作っていく・・新しいですね!!
今後が楽しみです!

参加してくださった方の感想

1.セミナーの写真を一手に引き受けてくださった海野隆さんのfacebookのアルバム

2.今回、講演してくださった橋本恵莉子さんの「happy-tabby-clinicのブログ」
※後日談も書きこまれています。ぜひ、ご一読を!

3.フラメンコをこよなく愛し、ボーダーコリーのレスキューにも励むRosaさんの「bar milのブログ」

アンケート結果

今回は、95名参加で85名の方が回答してくださいました。実に89.4%の回答率です。家にまでアンケートを持ち帰り、わざわざファックスで送ってくださった方もいました。このことひとつをとってみても、参加者のみなさんの熱意が伝わってきます。

(1)本日のセミナーに参加された理由をお教えください(複数回答可)
参加理由は、「西山ゆう子先生の講演を聴きたかったので」がダントツの63名(74.1%)でした。
次に多かったのは「犬や猫の保護や譲渡など、ボランティア活動に自分がかかわっているから」「犬や猫の保護活動に興味があるから」の2項で、45名(52.9%)。半数以上の方です。
「橋本恵莉子先生の講演を聴きたかったので」は、33名(38.8%)。
「今現在、獣医師、動物看護、動物介護といった動物にかかわる仕事をしているから」という方も17名(20.0%)参加してくださいました。

(2)本日のセミナー全体に対する感想をお聞かせください。

「大変満足」と「満足」を合わせると、実に91%! アンケートを書く時間もそれほどないなかで、みなさん、熱心にコメントを寄せてくださっています。

圧倒的に多かったのは、「保護活動に寄与する獣医師さんのさまざまな活動形態を具体的に知ることができたと思います。また、活動の新しい形が広がっていく希望があり、うれしくなりました。どんどん頑張って進めてほしいです」。あるいは「個人として何をしていけばよいか、何ができるか…より考えるきっかけと想いを貫く強みをいただけました。ありがとうございました!」。
また、「今後のキャリア形成のヒントになった」という声にもみられるように、保護動物にかかわることへの勇気と希望をあらためて実感してくださったことがよくわかります。

西山ゆう子さんの講演を目当てに参加された方からは、「西山先生のお話が最初から最後まで泣かされぱなしで、衝撃的でした」という声が多く寄せられました。
さらに、「西山先生のルーツを詳しくきくことができ、現在発信されていることについて理解が深まりました」。
「私も昭和の時代に飼い犬を処分されたり、自分の無知から猫に可哀そうなことをした経験があります。それが人格形成に大きく影響しているというか、動物との共生を望むバックグランドになっています。何か動物のためにしたいという方にはそういうケースも多いのかなと思いました。現実的には小さなことしかできませんが、あの子たちのために何か動きたいという気持ちになりました」。
大学教授の方から「西山先生のお話をぜひ、大学生に聴かせてあげたいと思いました。今の学生たちは自分の将来について確固たる希望も計画もなく、進学してくる学生が多い。人生にやり直しは可能だということを知って欲しいのです」というコメントもいただきました。

なかには、「パイオニア的西山先生と独立されこれからの活躍が期待される橋本先生とのマッチングが良かったです」とセミナーの企画にもお褒めのメッセージをいただきました。主催者として、やりがいがあり、ほんとうにうれしいです。

(3)NPO法人ペットライフネットは、高齢者とペットがともに安心して暮らせる社会を築きたいと願っています。そのためにセミナーや勉強会を開催していますが、以下のテーマのなかで関心がある、参加してみたいと思われるものがありましたら、〇をつけてください。(複数回答可)

 最も多かったのは「ボランティア活動と地域、自治会、行政とのネットワークについて」で、54票。そのなかに、「ペット業界の方も加われると、より良いものができるチームになると思います。したいですね」というご意見もありました。保護動物活動をしていると、ペット業界と一線を置きがちですが、生体販売をしないペットショップも増えてきています。将来を見据えた時、視野に入れておく課題ですね。
 次に多かったのは、「人の福祉と動物の福祉の連携について」の40票。対談でも話し合っていただきましたが、保護葬物を介してのコミュニティづくりにもっともっと真剣に取り組んでいきたいものです。

(文責:吉本)

Share Button

「動物行政の現状と課題」結果報告


2018年7月1日(日)、大阪市立総合生涯学習センター第一研修室で「~議員の方々とともに学び、考える勉強会~ 2018年度 動物行政の現状と課題」を開催しました。関東では梅雨明け宣言があり、初夏の到来を思わせるお天気でした。優に100人を超える事前申し込みがあり混雑が懸念されましたが、88名の方がご参加くださいました。
午後1時半、満席になか、共催したNeko Apartmentのヤマダアミカさんの開催趣旨宣言でスタートを切りました。
基調講演【1】は、弁護士の細川敦史さん。今年は動物愛護管理法が改正されると期待されているのですが、なかなか前に進んでいないのが現状です。浅田美代子さん、渡辺眞子さん、それに細川敦史さんが発起人になった「動物の愛護及び管理に関する法律の改正を求める署名活動」では18万筆も集まったにもかかわらず、いっこうに改正への機運がみえません。ここへきて、超党派で構成される「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟「動物愛護法改正プロジェクトチーム」が秋の臨時国会に向けて60項目にもおよぶ改正に向けての骨子案が成立したという現状を紹介してくださいました。
基調講演【2】では、大阪府府会議員の横山英幸さんが登壇。昨年に実施しました「動物行政の現状と課題」で、NPO法人C.O.Nさんから尼崎市が実施している「動物愛護基金」を紹介していただきました。この事例を参考に、厳しい反対意見を押し切り、説得し、4月に大阪府も「動物愛護基金」を創設。その多難な経緯をお話していただきました。
基調講演【3】は、大阪市市会議員のホンダリエさんが従来からある「街ねこ制度」を刷新し、不妊去勢手術費用を1匹あたり5,000円だった負担を一挙に半額の2,500円になったことを紹介してくださいました。しかし、この事業を推進するためには、地域住民や関係者の理解を得ること、すなわち「合意形成」が不可欠であるとダメ出しがされました。
休憩をはさんだ後の「ブレーンストーミング」には、「大阪ねこの会」の代表、荒井りかさんもゲスト参加。
(1)府や市で取り組める条例や規則はあるのか
(2)動物愛護管理基金への期待と使途
(3)猫問題をさらに推進するためには(不妊去勢手術費用、町内会との合意形成他)
(4)行政とボランティア、府民・市民とのットワークをつくるためには
(5)2週間前に起った大阪府北部地震の経験をもとに、防災とペットの問題にどう取り組むか
以上の5項目にわたって、本音で語り合いました。

荒井りかさんがブログ「パピのねこ日記」で報告してくださいました

7/1(日)NPO法人ペットライフネットさん主催の「動物行政の現状と課題」セミナーが開催されました。
共催の NekoApertment ヤマダアミカ代表より開催趣旨宣言。

知っていくこと、関わっていくこと、そして改善していくこと
大阪府・大阪市に対する思い、この勉強会の大切さを語って頂きました!

 

 

基調講演1
動物愛護のために国ができることは何か?
「動物愛護管理法の改正について」細川敦史弁護士

まずは動物愛護管理法改正の今までの流れを簡単にご説明いただきました。

そして、今年2018年の改正予定の内容について
ぜひ改正頂きたい内容ばかりですね!

改正を求める署名もたくさん集まっていましたがなかなか動きが鈍く、ここに来て停滞気味のようです。
もっともっと私たちが声をあげていかなければなりません!!

この改正が必要な根拠についても説明いただきました。
劣悪な環境にあった繁殖業者や引き取り業者などの例。

このあと、「大阪府や大阪市ができること」に対するご提案。
法律内での条例の制定などを他例をあげてご説明いただきました。

基調講演2
動物愛護のために大阪府ができることは何か?
「新設の動物愛護基金について」横山英幸・大阪府会議委員

大阪府府議会議員横山先生からは、大阪府にできた「大阪府動物愛護管理基金(仮称)」について。

設立にあたり、かなり苦労なさったというお話。それでも踏ん張って設立にこぎつけて下さいました。
横山先生、ありがとうございます!!

今年はまだ予算が少ないのですが、すでに寄付も集まっており来年からは増える見込みだそうです。
継続した寄付がないと困りますので広報もしていかないといけません。

気になる使いみちですが
1.専門家によるトリミング・しつけ等によって譲渡を促進する事業
2.所有者のいない動物(野良猫、特に子猫)を減らす事業
3.手厚い管理が必要な収容動物を救う事業
とりあえず今のところ、この3点だそうです。

この3点が充実すれば、ずいぶん変わってきますよね!!
横山先生の担当では、動物のことは関係ないらしく、ではなぜ動物に関わることを?

「目がグシャグシャになっている子猫と出会ってしまい放っておけなかったので動物病院へ連れて行きましたが
助けてあげられなかったのです。
その時の思いがあってそんな可哀想な子猫がいないようにできないかと考えいろいろと勉強させて頂いて今に至ります。」

え~っ!!私たちと同じですや~ん!!(笑)

そして大阪府域の動物に関する事業担当や相談窓口、助成金制度などについてもご説明いただきました。

助成金制度を設けている市町村は、北の方に多く南の方が少ないようです。

基調講演3
動物愛護のために大阪市ができることは何か?
「街ねこ制度の刷新について」本田リエ・大阪市市会議員

本田先生からは大阪市の「街ねこ制度」の刷新について。
平成20年度から始まったこの制度、ずっと1匹5,000円の手術費用(ボランティアが払う)だったのが
半額の2,500円になりました!!

5~6年前から、市内に安く手術して下さる病院もできたので、もっと安くならないかと交渉してきていましたが
本田先生が実現してくださいました!!

これも大阪市に「おおさかワンニャンPT」ができ、「動物愛護基金」ができたことで実現したのです。

本田先生は、この設立にご尽力くださいました。
実は、このあとのお話が面白かったのです!

困ったときはどうするか、行政に耳を傾けてもらうにはどうするか
その方法を面白おかしく教えてくださいました!

そして
「猫に関わる人たちは有能な人材なので、いつまでも猫問題に関わらせておくのはもったいない。
早く猫問題を解決して、その有能な人たちに、福祉や地域社会で活躍してもらった方がいい。」
とワタシに教えてもらったと!!

え~っ!!そんなこと覚えていてくれはったんや~!!(笑)

最後に、
「ひとりで抱えこまないで。みんなで話し合い助け合って。」
と呼びかけられました!!

ブレーンストーミング

私、ヤマダさんが加わり講演者に質問を投げかけたり、見を出して可能性を考えたりしました。
いろいろと有意義な意見・考えが出ました。
ここにはちょっと書ききれません・・

実際、あまりにも皆さんぶっちゃけすぎて、ここに書けないこともたくさんあります(笑)
今回、参加しなかった方は損ですよ~!
とても聞けないような内容が盛りだくさんでした!

ただ、ひとつ言えることは、国にも府にも市にも
どんどん働きかけていくことが必要だということ!!

行政は国民・府民・市民のニーズがあって、初めて動けるのです。
不平不満やグチではなく、建設的な実現可能な意見や案を、どんどん出して伝えていきましょう。

※「パピのねこ日記」とレイアウトや写真が異なるところがありますが、著者の荒井りかさんから了承をいただいています。

「2018年度 動物行政の現状と課題」アンケート結果

今回は会場が満席のため、机を用意することができませんでした。そのため、アンケートの回答者数は68名(回収率77.2%)に留まりました。しかし、アンケートにご協力くださった方のご意見は、非常に熱のこもった真剣なものばかりでした。ご協力、ほんとうにありがとうございます。

(1)本日の勉強会に参加された理由をお教えください(複数回答可)

今年改正される予定の「動物愛護管理法」に関心があるが、参加理由のトップで、44名。次いで、大阪府、大阪市の取り組みを知りたくて参加くださいました。

意外だったのは、「ボランティア活動をしている」と答えた方が31名で半数に満たなかった点です。実際、他府県の市会議員さんや繁華街の環境浄化推進をされている事務局の方、社会福祉協議会の方といった方々も参加くださいました。ボランティア活動をしていなくとも、動物行政に関心のある方が多いことがわかったことは大きな成果です。

また、自由回答で「実際にボランティアをされている方からお話が聞けて、今後の活動に活かしていきます」というご声がありました。動物愛護・福祉をボランティアだけの枠に閉じこめず、さまざまな方々との対話を広めるきっかけになりました。

(2)本日の勉強会全体に対するご感想をお聞かせください。

半数が「非常に満足」と回答。「満足」と合わせると91%の方が今回の勉強会に満足いただけたことになります。

自由回答の声を拾ってみますと、「府市、国の動きが同時にきくことができて良かった」を筆頭に、「直接かかわっておられる議員さんのお話がきけて良かったです」「議員さんがよく勉強してくださっているので、頭が下がります」「府議と市議のお話に感動しました」「リアルな話が聴けました」といったように議員の方々の本音の話を聴く機会になり、喜んでいただきました。

また、『地域との合意』についてのブレーンストーミングについては、「とくに荒井さんの地域とのかかわり方などのノウハウはとても内容深いお話でした」「行政とのかかわり方、町会の重要性、善良な市民となる大切さを理解できました」「不幸せな猫をなくすためには動物だけでなく人にも優しい社会を作ることなんだということがわかった」といった、ボランティア活動を超えた新しい発想が芽生えはじめているのがわかります。

(3) NPO法人ペットライフネットは、高齢者とペットがともに安心して暮らせる社会を築きたいと願っています。
そのためにセミナーや勉強会を開催していますが、以下のテーマのなかで関心がある、参加してみたいと思われるものがありましたら、〇をつけてください。(複数回答可)

43名の方が「ボランティア活動と地域、自治会、行政とのネットワークについて」に関心があると答えました。今回の勉強会の趣旨が参加者のみなさんにしっかり通じた結果です。

自由回答で、「府、市、ボランティアがつながることによって、できる範囲が広がることを期待しています」という声をいただきましたが、連携することにより何ができるのかを考えることが次のテーマになりそうです。

Share Button

記事一覧へ