イベント

「ペットを愛する方のために誕生した新サービスのご紹介」結果報告

台風一過、お盆休みが明けた8月17日(土)、大阪市立総合生涯学習センターの第二研修室で、「ペットを愛する方のために誕生した新サービスのご紹介」を開催しました。41名のお申込みがあり、36名がご参加くださいました。

最初の講演は、「かたづけねこの手」の尾崎蜜柑さん。
整理収納アドバイザー、ハウスキーピングコーディネーターの資格をもつ尾崎さんのテーマは「断捨離のお手伝い ~片付け方とキャットウォークDIY」。断捨離とキャットウォークがどう結びつくのか、タイトルだけをきくとピンとこないのですが、尾崎さんご自身の暮らし方の変貌をお聞かせいただくと、猫好きの方ならすんなり理解できます。
「キティ」という愛猫と16年半共に歩まれ、別れがあり、ペットロスの中、「すだち」と出逢い、その後、尾崎さんはTNRを始めます。そして今では17匹の保護猫と暮らす尾崎さん、人も猫も快適に暮らすために、片付けのノウハウをしっかり身につけ、今では不用品を持たないミニマムな暮らしにたどり着かれました。また、猫たちの相性をみきわめて、それぞれがお気に入りの居場所が確保できるようにキャットウォークをDIYで作り上げておられます。ご自身のお部屋の写真をふんだんにとりいれたお話に、参加者のみなさんも大いに納得し、また反省されたもようです。
アンケートのフリーアンサーには、「具体例が多くわかりやすかったです。今日、さっそくかたづけます!!自分ルールで良いですね!くつ下いれやハンガーの数を決めたり、ゲーム感覚でやってみます」「先住8匹+保護1匹がいるので、断捨離と猫が気持ちよくストレスなく暮らせる家にしようと思いました」などなど、愛猫家にとっては「目からうろこ」の暮らしの知恵をいただきました。

次は、「ねこから目線。」の小池英梨子さん。

小池さんは猫の多頭飼育崩壊をテーマに講演をされていることが多いのですが、今回は「ノラ猫の捕獲、保護猫の譲渡」を有料で請け負っておられるお仕事の紹介です。子どものころからノラ猫を家に連れて帰っていたという小池さん、大学では猫を切り口に共生と共存社会の在り方を研究し、猫の保護活動や殺処分の予防的取り組みとしてTNR活動、地域猫活動、多頭飼育崩壊…など、15年以上も猫にかかわる活動をされてきています。小池さんの個人史をユーモアたっぷりにお話いただくと、その猫愛に心が温かくなり、その理知的な発想にみなさん、聴き入っておられました。アンケートにも「小池さんの合理的な(実利的な)継続可能なボランティアの在り方が、社会に光明を与えると思った。学識と実践に基づいたお話に勇気と希望をいただいた。」という声もいただきました。
「保護猫活動がすべてボランティア任せにならずきちんとした社会システムの中で機能する社会的企業となることでボランティアの負担軽減と保護活動のスピードアップと充実を図りたいと考えています」と小池さんご自身が「ねこから目線。」の活動を位置づけておられるように、保護猫活動の新たなステージが切り拓かれることを願ってやみません。

三番手は株式会社ケイ・コーポレーションの田中裕也さん。

今年11月から募集開始、来年8月オープンの予定の「ペットと暮らせる高齢者住宅 ピースマイルカーサ」をご紹介くださいました。「伊丹に単身の高齢者がペット連れで入れる賃貸マンションができるのは、うれしい」「トータルなサポートがあるのがいい」という感想をいただきました。

今回のセミナーに対するアンケートに「同じ内容のセミナーを数回してもらいたい。今日これなかった方にも聞いてほしい」というご要望がありました。主催者にとっては、これくほどうれしいことはありません。ペットを愛する方に寄り添い、犬や猫とともによりよく暮らせる社会を目指していきたいとあらためて思いました。

アンケート結果より

(1)本日のセミナーに参加された理由をお教えください(複数回答可)
アンケートには参加者の83.3%にあたる30名の方が協力してくださいました。
今回のセミナーに参加された理由は、「『ノラ猫捕獲、保護猫の譲渡』の小池英梨子さんの講演を聞きたかったので」の16名をトップに、『かたづけねこの手』の尾崎蜜柑さん、『ペットと暮らせる高齢者住宅』の田中裕也さんと続きます。講演者のテーマに惹かれて参加されています。

(2)本日のセミナー全体に対するご感想をお聞かせください。
30名中17名(53.7%)が「大変満足」、12名(40.0%)が「満足」と答えてくださいました。「いろんな立場の方からの話がきけて良かったです」というお声をいただきましたが、満足度の高いセミナーになりました。

(3)NPO法人ペットライフネットは、高齢者とペットがともに安心して暮らせる社会を築きたいと願っています。そのためにセミナーや勉強会を開催していますが、以下のテーマのなかで関心がある、参加してみたいと思われるものがありましたら、〇をつけてください。(複数回答可)

いちばん多い回答は、「高齢者が終生飼養を実現するための手法や人的ネットワークづくりについて」で18名でした。フリーアンサーで、「飼い主どうしの助け合いネットワーク」という具体的なご意見もいただきました。
14名があげられた「人の福祉と動物の福祉の連携について」については、「高齢者や生活保護、障害者の福祉と動物の福祉を考えていきたい」という回答もいただきました。

また、地域猫活動をされている方から「地域でのTNR活動を住民に知ってもらい、行政と連携して地域猫を増やしていくようにしたいが、自治会や行政との相互の理解や連携がとてもむづかしいので、そういった相談ができるところが欲しいです」という切実な声もいただきました。

Share Button

「おひとりさまの犬猫茶会」結果報告

6月2日(日)午後2時から、都島のキャットソシオンGalerie et Maisonで「おひとりさまの犬猫茶会」を開催しました。小雨がぱらつく中、6名の方がご参加くださいました。
自己紹介をしていただくと、ワンちゃんを飼う方はおひとりのみ。後の5名はみなさん、猫族。年齢も50代から60代で、「これから」が気がかりの方々ばかり。自分にもしものことがあったらペットをどうしたらいいのか真剣に考え、すでに遺言書を書く準備を進めておられる方。また、今のままでは孤立してしまうからと、保護ねこのシェルターの掃除を引き受けるなど、自分のできる範囲でボランティア活動を支援されている方も。あるいは、ボランティア活動には踏み込めなかったという方は、ペットをかすがいにした友達づくりを求めて、この茶会に参加してくださったとも。

今回お招きした上級終活カウンセラー・熊川サワコさんは、そんなみなさんの話をじっくりと聞き、そのうえで不慮の事故や予期せぬ急病など“もしも”が起こったら、<外に知らせる・気づいてもらう>仕組みとして、市町村が実施している『緊急通報システム』や民間事業者が取り組んでいる『おまもりコール』などを紹介くださいました。参加者のみなさん、ここにメモをとっておられたのが印象的でした。また、救急車を呼んだ際に、かかりつけ医やペットの存在、自分の思いを正確に伝えるための『安心キット(緊急医療情報キット)』の実物もお持ちいただきました。

それにしても、ペットを意識したおひとりさまの終活サービスは、行政はもちろん、民間でもほとんどありません。まずは、ペットと共生できる高齢者住宅の必要性を私たちが元気なうちに声をあげていこうという話になりました。

「犬猫茶会」が終わってから、参加者のみなさんはキャットソシオンに2階にある保護猫邸スィートホームウリエルへ。猫と遊びながら新しい交流の輪を拡げられました。

熊川サワコさんがブログで報告してくださいました!

ペット終活「犬猫茶会」 ペット終生飼養確約つき住宅&介護・医療施設 ペット共生タウン

「老々介護」というと、

・老いた配偶者を介護する

・老いたこどもが老いた親を介護する

とイメージされる方が多いと思います。

が、この日お集まりになった方が口にされた「老々介護」は

・・・高齢な自分が

・・・高齢になった時の自分が

⇒ 高齢なペットの世話をする

⇒ 親の介護とペットの世話のダブルケア

このようにペット終活は、ヒトの終活とも切り離せないものなのデス。🍀

NPO法人ペットライフネットさま主催 おひとりさまの「犬猫茶会」 ご報告。

平成25年9月に、改正動物愛護管理法が施行され、終生飼養の徹底が明文化されました。

★終生飼養の徹底
動物の所有者の責務として、動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)が明記されました。

*飼い主には、終生飼養の責任があります。最後まで愛情と責任をもって飼いましょう。

*自らの病気などによりどうしても飼えなくなった場合には、自分であらたな飼い主を探す、
動物愛護団体に相談する等して、譲渡先をみつけるようにしましょう。

厚生労働省「動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました。(一般飼い主編)」

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2508b/full.pdf より抜粋。

現在大阪市が開催する動物の譲渡会では、

「主に世話される方が20歳未満または66歳以上の場合は、万一の時に世話を頼める
20歳以上65歳以下の方から署名・押印をもらうことができること」

という条件があり、66歳以上の方は自分だけの意思でペットを譲り受けることができなくなっています。

一人暮らし世帯は年々増加の一途をたどっており、大阪市に限ってはすでに50%近く。

未婚・晩婚・離婚・核家族化など理由は様々ですが、2040年には日本の65才以上の4人に1人が一人暮らしになるという予測まででています。

「ペットと一緒に暮らしたいけれど、歳が歳だから」

とあきらめる方も多いとか。

一方、シニアがペットと暮らすメリットもたくさんあって、アニマルセラピーと呼ばれる癒し効果やペットのお世話をすることで体力低下予防、それにペットを介した人・社会との交流など、その効果は決して小さくはありません。

「犬猫茶会」でも、どうすれば一生ペットと添い遂げられるか という話が大部分をしめ、

・自分が元気なうちは、ペットと一緒に独立した暮らしをおくりたい。

・でも、自分が体調を崩したときなど、一時的にペットの面倒をみてくれうような人がいてくれると助かる。 動物ホテル等にあずけるのではなく、ペットが慣れ親しんだ環境にいたまま過ごせるようにできないか。

・ふだんから、ゆる~くつながる気の合ったペット友達が近くにいれば、お互い頼み合いっこができるかも。

・ペット好きが集まるコーポラティブハウス(分譲)・コレクティブハウス(賃貸)もいい。

・ペットと一緒にはいれる高すぎない老人ホームや介護施設があまりない。

・自分で動物病院に連れていくことが難しくなった時にそなえて、ペットの介護や医療など、自宅に往診してくれる獣医さんや知識のあるシッターさんが近くにいると安心。

・もし自分が先に逝った場合も、それほど環境を変えずにペットが暮らし続けていけるようなお世話をしてくれる施設がほしい。

などなど、活発な意見交換がありました。
熊川からは、自宅で万が一が起こった時に、外に知らせる・気づいてもらうことの大切さをお話をさせていただきました。

ペットと暮らしているからこそ、
ペットの命を守るために
一刻も早く、飼い主の緊急事態を外に知らせる必要があるのです。

緊急通報システム・救急医療カードなど高齢者対象の条件付き公的制度のほか、民間のサービスも紹介させていただきました。

 

 

~「犬猫茶会」を振り返って~

ペットを飼っていない(好きだけどアレルギーで飼えない)熊川にとって、ボランティアさんの現状や、ペットをとりまく様々な問題など、たくさんのことを学ばせていただきました。

みなさまのお話を伺っていて ふと・・

・ペット可賃貸住宅

・ペット好きな仲間とのコーポラティブハウス

・ペット同居可コレクティブハウス

・ペットと一緒に入れる老人ホーム

・ペットと一緒に入れる介護施設

・ペットに会える医療施設

・動物病院

・人間の病院

・老犬ホーム・老猫ホーム

などが一体になった街ってできないものかなぁ~?

「飼い主が先に逝ってしまっても、飼い主にかわって遺されたペットの終生飼養を引き受けてくれることが確約される」 街が。。

ビジネスとしてきちんとお金を回すことを大前提に、おひとりさまでも、年齢がいくつになろうとペットと一緒に暮らすことをあきらめずにすむ街 はできないものか。

なんて想いがむくむくと湧いてきました。

ニーズがあれば経済は動きます。

ペットを飼っていないから かもしれませんが、客観的な立場でお話を伺っていて

「あれ・・ これって めっちゃニーズあるんちゃう?」

と感じました。

ただ、「私、必要としています」って声を上げ続けないと、ニーズはどこにも届かないし、誰にも気づいてもらえないんですよね。

飼い主の老後・死後の心配なく、一生ペットと安心して暮らしていけるペット共生タウン

実現しますように✨

福祉住環境コーディネーター
上級終活カウンセラー
熊川サワコ@「お墓」はたくさんの「ニーズ」があったからこそ、様々な形が生まれたのです.

Share Button

設立5周年記念セミナー「愛するペットのために、悔いのない身じまいを!」

2019年3月23日(土)、午後2時から大阪市立総合生涯学習センター第一研修室で、NPO法人ペットライフネット設立5周年記念セミナー「愛するペットのために悔いのない身じまいを!」を開催しました。

年度末でもあり何かと多忙なこの時期、参加申し込みがいつもより少なく、主催者としては気をもみましたが、28名の参加をえることができました。しかも、とりあげましたテーマが「身じまい」だけに、参加者のみなさんはとても真剣で、中座される方は皆無でした。

キャットソシオンさんの感想です

第1部「終末期医療」 〜避けられない選択〜  医師 吉川真由美

特別養護老人ホーム管理医師でもいらっしゃる吉川先生からは、厚生省の大量のデータ解析から、
高齢者の将来はどうのようになるのかを説明頂きました。
なんと、2050年には120歳まで寿命が延びる、超〜高齢者社会になるそうです。

そんな折、

厚生省の策略として、病床減らし、医療費の減少政策など、

これから、高齢者が30%になる日本、

どうすりゃ、生きていけるのか?

「多死時代」

病院で死することは不可能になりそうなので、せめて、自宅で死するとなると、

孤独死かぁ・・・

重い〜空気ですが、致し方がなく、大切なお話でした。

そして、

第2部

「もしも、遺言書がなかったら」 国際弁護士の檜山洋子先生

遺言書がなかったことで、家族が争ってしまう現実、
対策を考えておくことの大切さを知りました。

公証役場に行き、公正証書を作成すること、

テーマであるペットのために託す遺言、ペットの財産を遺す方法など、教えて頂きました。

また、遺す財産は、不動産が一番揉める遺産になり、できるだけ、現金化することを勧められていました。

第3部

犬や猫をとりまく困難な身じまいと今後の課題 PLNの吉本代表

ペットと高齢者の「終生飼養」問題。
愛護団体が引き取ったペットの3割は、高齢者からだそうです。

そのため、愛護団体は、満杯状態。これ以上になると、もうパンクします。

その問題を未然に防ぐには、どうしたら良いのか、

山積みの問題をみんなで意識をもって、考えていくこと、

その機会を作ってくださるようです。

檜山弁護士、木村司法書士、PLNの代表吉本さんが作成された

「ペットの終活×人の終活」を1ページずつ記入していくことで、どうしたら良いのか、見えてくるように思います。

テーマがテーマだけに、
重い〜深い〜空気でしたが、

必ず、やってくる終活、そして、大切な家族のペットの終生飼育、

ボランティア仲間には、いろんな年代の方が集まっています。

関わることになるかもしれません。
みんなで話し合い、
よい解決策を幾度も
重ねていく必要があるように思います。

アンケート結果より

(1)本日のセミナーに参加された理由をお教えください(複数回答可)
アンケートには23人の方が協力してくださいました。
今回のセミナーに参加された理由のトップは、やはり「ペットを飼っているので、自分にもしものことがあったら、どのような準備をすればいいのか知りたくて」で13名。次に多かったのが「ペットライフネットの活動が知りたかったので」の12名でした。ありがたいですね。ただ、設立5周年記念セミナーですから、もっとペットライフネットの活動をお知らせした方がよかったかもしれませんね。

(2)本日のセミナー全体に対するご感想をお聞かせください。
23名中18名(78.3%)が「大変満足」「満足」と答えてくださいました。
「人間の高齢化、動物の命について、シビアな問題で、重いテーマでしたが、考えていかねばならない問題ですね」という声があるように、現状をしっかりとみつめ、考えるきっかけになりました。
しかし、お一人の方から「非常に不満」「自分が死んだときに遺されるペットにどのような選択肢があるかを知ることができるかと思って参加しましたが、関係のない話で多大な時間がつぶされ、不満でした」という厳しい評価をいただきました。

(3)NPO法人ペットライフネットは、高齢者とペットがともに安心して暮らせる社会を築きたいと願っています。そのためにセミナーや勉強会を開催していますが、以下のテーマのなかで関心がある、参加してみたいと思われるものがありましたら、〇をつけてください。(複数回答可)
いちばん多い回答は、「高齢者が終生飼養を実現するための手法や人的ネットワークづくりについて」と「人の福祉と動物の福祉の連携について」の13名でした。

「高齢者が終生飼養を実現するための手法や人的ネットワークづくりについて」に対しては、
◎「社会システムを構築しないといけないなぁと思いました。動物のためだけでなく、人の社会問題として提起していかないと行政が動くことなく、法や条例ができても無意味になりがちなので、行政を動かす必要と方法を考えていかなければならないと思いました」
というご意見がありました。行政と協働する必要性を痛感しました。

「人の福祉と動物の福祉の連携について」に対しては、とても貴重なアドバイスをいただきました。
◎「大阪市であれば民生委員に周知したい場合は、区役所の民生委員事務局へ話をしたらよい。研修という形やチラシによる啓発を考えてみてください。社協であれば、NW委員を活用した見守り活動があります。どちらもなり手が不足しており、積極性に関して地域差が出ています」
◎「社協・福祉関係の方たちへ出張セミナーをしてねこの生態など知っていただきたい。そんな活動があれば…」
◎「猫活動をしている側からだけでなく、本日の話にもあったケアマネージャーなどを、別世界の人を巻き込んでいく方法の構築」

みなさまからいただいたご意見の数々から、新しい課題が見えてきたように思います。ほんとうにありがとうございました。

Share Button

記事一覧へ