能勢町の動物愛護NPO法人訪問記

ペットライフネットを始めるに当たって、他の動物愛護のNPOも見学しておこうと、先日、スタッフ4人で大阪府能勢町を訪ねました。

ARKの入口看板

▲ARKの入り口

阪急川西能勢口から車で小1時間、のどかな田園地帯を通りすぎ、民家もまばらになった山間に、飼い主のいない犬猫を保護する施設が2か所、それも同じ集落内にあるから驚きです。最初に特別非営利活動法人アニマルレフュージ関西(ARK)を訪ねました。

「自然が好き、動物が好き」

エリザベス・オリバーさんという英国人女性が1990年に始めたこの施設には現在、犬170匹、猫150匹が、14人の有給スタッフ(約30人が交替で勤務)とボランティア数人(登録は1500人)に世話されています。飼い主が亡くなったり捨てられたりのほか、震災や離婚、破産、アレルギーの家族がいる、など事情はさまざまです。

ARKの名札

▲ARKの名札

1匹ずつ名前が付けられ、健康チェックや不妊手術、病気があれば治療し、里親さんを募集します。病気があったりして家に引き取るのが困難な子、あるいは家で飼えない事情があるけれど犬や猫が大好きという人のため、特定の子の「スポンサー」となって飼育費を負担する「スポンサー制度」もあるそうです。

ARKの犬舎

▲ARKの犬舎

年間約1億5千万円の運営費はほとんど寄付でまかなわれており、維持するために大変な努力が必要なことがうかがわれます。施設内を案内して下さったスタッフの蒲生浩さん(52)は、「自然が好き、動物が好き」で昨年、東京の会社を早期退職してここに来られたとか。「給料は比較になりません。でも好きな仕事なのでボランティアのつもりです」と笑っておられました。

ARKの猫舎

▲ARKの猫舎

犬は1匹が吠え出すと連鎖反応のように一斉に吠えるので、その音量のすさまじいこと!人里離れた山の中にしか施設を作れないわけです。敷地の入り口に車が10台以上も停まっているので、何かイベントでも行われているのかと思ったら、全部スタッフの車でした。能勢電の終点からバスは1時間に1本以下、降りてからさらに徒歩で20~30分というのでは無理もありません。月1万円で住める寮もあるそうです。

日本最大級の動物シェルター

2か所目は日本アニマルトラスト。ここは厳しい要件をクリアして国税庁の認定を受けた認定NPO法人で、たくさんの犬猫を保護するシェルターは日本最大級とか。広い敷地、掃除の行き届いた明るく清潔そうな施設には、若い女性スタッフの姿が目立ちました。世界的ピアニストのフジコ・ヘミングさんがコンサート収益を寄付して作ったというドッグランもあります。
見学を終えてアニマルトラストを出ると辺りはもはや夕暮れで、秋たけなわの能勢路を楽しむこともなく帰ってきました。

吉井 佳容子

能勢町の動物愛護NPO法人訪問記」への628件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。