PLN のすべての投稿

エイベットで野良ネコの不妊去勢手術を見学しました。

 一度見たら忘れられないクロネコのパンフレットをご存知ではないですか?
「大阪ねこの会」の定期集会はもちろん、各所で開催されるタウンミーティングには必ず置かれていますよね。これは、大阪府松原市に動物病院と獣医師がタッグを組んで設立した保護動物の支援活動団体、一般社団法人エイベット(avet)が制作したパンフレットです。

エイベットの活動は、
「ずっとのおうち」:保護された動物、事情で引き続き飼えなくなった動物と動物を飼いたいと願っている里親さんとのマッチングのお手伝い。
エイベットにシェルターはありません。里親探しをしている動物の写真を「ずっとのおうち」というサイトにアップします。保護ネコの愛くるしい写真撮りの手伝いもしてくださいます。なお、譲渡条件は保護主さんの意向によって異なります。

②「TNR活動」:おしっこやうるさい鳴き声で迷惑がられる野良ネコを減らすために、また与えられた命を“殺処分”されてしまう不幸なネコを救うために、野良ネコの不妊・去勢手術を支援価格で行い、地域猫として一代かぎりのいのちをまっとうしてもらう活動です。

ネコのボランティアさんたちは、地域の中で猫が住民たちに嫌がられず生きれるように、野良ネコを捕獲して(Trap)、不妊去勢手術を施し(Neuter)、ネコを元の縄張りに戻し(Returen)、一匹一匹の健康状態をチェックし、餌をやり、糞尿を清掃し、そのいのちを見守っています。
この地域猫活動のなかでボランティアさんにとっていちばん頭の痛い問題が、不妊去勢手術です。
ネコは、交尾刺激によって排卵する「交尾排卵」ため、精子と出会う確率は高く、交尾をすれば約90%が妊娠するといわれています。そのため、1匹のノラネコが1回に5匹の仔ネコを生むと、その半年後に仔ネコが成長し、5匹を生みます。そして、その仔が…と、計算していくと1年で実に65匹!3年後には5,465匹!!!という大変な数になってしまいます。人間の手でいくら殺処分をしても追いつかないのが、ネコの繁殖力です。
そのため、ボランティアさんは産まれても生きることができない不幸な野良ネコを減らすために、不妊去勢手術を行っています。しかし、不妊去勢手術にはおカネがかかります。一般には、雌の場合は2~4万円以上、雄の場合は1~2万円以上(All Aboutの記事より)といわれています。

野良ネコの手術費には行政から支援がでるケースが増えてきましたが、今でもほとんどのボランティアさんが自費で野良ネコの不妊去勢の手術をされています。その出費たるや凄まじいものがあります。不幸なネコを救いたいと思っても、この手術代金がネックになり、自分の気持ちを封印してしまう方も少なくありません。
エイベットは、野良ネコの不妊・去勢手術をボランティアさんへの支援価格で行っています。これが可能になったのは、不妊去勢手術方法を大幅に見直されたからです。

エイベットの理事長 橋本和也さんが、今年の元旦のエイベットのブログでこのように綴っておられます。

(前略)エリコ獣医も私も、一般的な全身麻酔方法でしか、手術を行ったことがなかったので、このころは野良ネコさんたちにとっては、非効率、時間がかかり、身体への負担も軽くない方法でしていました。
そこはエリコ獣医、すぐに改善策を講じます。
海外のTNR活動現場のDVDを私に見せてくれました。

「え~、そんな簡単な手技でいいの~?」
「え~、そんな麻酔方法でいいの~?」
「えっ? 術後のネコ、めっちゃすぐに元気になってるやん!」

そして、大阪府内で長年にわたってTNR活動をなさってらっしゃる、
先達の獣医師のもとで、実習を重ねます。

それから、手術の全行程を、エリコ獣医と私で確認を重ね、できたのが
今エイベットが行っている方法です。

(中略)

★できる限り、安価で、それでいて安全で、覚醒がすぐで、短時間で済む、
といった条件を満たすべく。。。

(後略)

この手術方法は、獣医さんひとりで鎮静、麻酔、毛ぞり、手術、縫合、術野洗浄、抗生剤、鎮静剤、止血剤、ウイルステック後のワクチンの接種…これらすべてを獣医さんひとりで行います。
しかも、橋本理事長のブログを見て驚きました。
「ちなみに、エイベットでは、手術の現場を見学していただけます」

そこで、1月13日(土)にエイベットにお邪魔しました。
ブログですべてガラス張りでオープンと読んでいたのですが、実にその通り。すぐにエリコ獣医が手術をされている現場に通されました。
生後4カ月くらいの雌猫の不妊手術の真っ最中。手を休めることなく私たちの問いに答えてくださいました。この日の手術は9頭の予定。最近は月150頭くらいの手術をしている。不妊手術は15~20分かかるが、去勢術は1分もあれば十分とのこと。雌猫が終わると同じ白黒の弟らしき仔が手術台に乗せられ、ほんとうにあっという間に終わりました。必要な材料が手の届く範囲に設置され、手術を待つ仔には鎮静剤が施され、手際よく進んでいきます。

的確で素早い手術に驚きの声をあげると、エリコ獣医は「私は、まだまだ。もっとスピードを上げていかなくては、追いつかない。今も、熟練された獣医師の手術を見る機会があれば出かけて行って勉強している」とおっしゃていました。外で暮らす野良ネコのことを考えれば、できるだけ傷口を小さくし、早く手術を終えるようにして、できるだけカラダへの負担を少なくすることが必要です。しかも安価でとなると、アシスタントに頼らず獣医ひとりでの手術になります。こうした厳しい条件を満たさなくてはならない野良ネコの不妊去勢手術です。TNRに賛同して手術をしようとする獣医師がまだまだ少ないのが現状だと痛感しました。

私たちが帰る間際、エリコ先生に再度あいさつに伺うと、「あぁ~、まだ早いと思っていたのに…」と深いため息が聞こえました。不妊手術の野良ネコのおなかの中に赤ちゃんがいたのです。「これがいちばんツライわ」とエリコ獣医。ネコの発情期が始まると、こうした不幸な手術が後を絶ちません。

野良ネコ問題は、ネコの繁殖力や生態について正しい知識が広まるようになったきました。その結果、ボランティア活動を孤立させず、ともに地域の環境問題としてTNRに取り組む市民や団体がでてきています。このムーブメントを下支えし、前進させるのが、TNRを推進する獣医という頼もしい存在です。保護動物を支援するエイベットのに敬意を払うとともにこれからの活動にますます期待してます!

(吉本 由美子)

獣医師が保護主の「ブルーキャットカフェ」オープン!

岡山市の問屋町は、個性的なお店がならぶ商業スポットとしてタウン誌やマスコミに採りあげられる話題の街。また、近隣の住宅街には転勤族が多く、岡山市でも数少ない人口増の界隈です。
ここに、67坪という大型の猫カフェが誕生しました。2017年6月13日(火)にオープンした「ブルーキャットカフェ」です。見るものをにらみつけるような独特の面構えで、しかもブルー。都会的な雰囲気が漂います。
一歩店内に入ると、天井高で広々としたカフェスペースが目を引きます。米粉100%マフィンが並ぶスィーツケースにカフェカウンター。気取らずシンプルなインテリアは、北欧風なカフェそのものです。

一方、カフェに隣接する猫スペースは、緩やかなカーブを描いて仕切られていて、カフェスペースのどこからでも猫の姿がみれる工夫がされています。壁一面に設けられた木の棚や木株をイメージしたキャットタワーが随所に置かれ、仔猫たちがあちらこちらに出没していました。

この「ブルーキャットカフェ」は、よくある保護猫カフェとは一線を画します。猫たちの保護主さんが、何と獣医師! ノエルペットクリニックの院長 亀森直さんです。
亀森院長の狙いは、「ブルーキャットカフェ」を猫と人とが関わる交差点として役立てたいと考えておられます。ひとつは猫が飼えなくなった人のために。病気などで猫が飼えなくなった飼い主さんから愛猫を引き取り、終生お世話をする場として。また、猫が飼えない人のために。住まいの事情で猫が飼えない愛猫家のための猫との出会いの場として。そして、これから猫を飼いたい人のために。新しい家族として猫を迎えたいという方のための里親探しの場として。この猫に関わる3タイプの人のための“場”としてこの空間を活かせるのは、毎日、飼い主さんと猫の関係を診ている獣医師だからこそ実現できます。
今、ブルーキャットカフェの猫たちは、亀森院長ご自身が保護主となって動物愛護管理センターから猫を引き出し、猫の健康状態をチェック。人馴れするまで病院で世話をしてからデビューさせています。里親に譲渡する際には、マイクロチップを入れて渡される予定です。
亀森院長の新しい挑戦、たくさんの猫にも人にも幸せをもたらしてくれるよう、心から願ってやみません。

ペットと暮らせる!                  住宅型有料老人ホーム「れんげハイツ井高野」

私自身がひとり暮らしの高齢者ですから、「ペット共生可能」と謳われた老人ホームには人一倍関心があります。しかし、なかなか「これは!」と思える物件に出会えないのが現実です。
そんななか、医療法人蓮華友愛会の相談員の方が突然、ペットライフネットの事務局に尋ねてこられました。ペットライフネットが高齢者のペット飼育を支援しているのをホームページでご覧になり、このたびペットと暮らせる在宅型有料老人ホームを開設したので、一度、ご案内させていただきたいとのこと。願ったり、叶ったりで、さっそく「れんげハイツ井高野」にお邪魔しました。

地下鉄今里筋線「井高野駅」で下車、のどかな田園風景を眺めながら15分くらい歩くとゴルフセンターにでます。その裏手に「れんげハイツ井高野」がありました。
昨年12月1日に開設されたばかりですが、すでに9割近くが入室されているとのこと。ただ、ペット可の居室はまだお一人しか入居されていません。ペット共生可物件がほとんどみあたらないのが現状ですから、入居希望者自体が最初から探すのを諦めているからでしょう。目下、ケア・マネージャーさんに「れんげハイツ井高野」を説明される際、ペットと暮らせることをアピールされているそうです。

ペットと同居できる専用ベッドルームには、防音が施され、ニオイ対策もされています。また、ペット連れで来客とくつろげるペットルームが設けられ、シャンプー&トリミングができる専用洗面カウンターも用意されています。ペット同居エリアから戸外にでると、ドッグランが楽しめるスペースが確保されています。小型犬や猫と暮らすのには十分な配慮がされているといえるでしょう。

さっそく入居して半月のMさんのお部屋にお邪魔しました。Mさんはベッドのそばの椅子に腰をかけ、テレビを観ておられました。Mさんに新しい住まいへの感想をお聞きしますと、「ここはほんまに静かや。よう寝れる」と満足げ。この間、外来者の登場に驚いたチンが、Mさんの椅子の周りをぐるぐるとまわりながらこちらを観察した後、Mさんのひざの上に腕をかけ、小首を傾げながらじっとこちらをみつめます。Mさんに頼り切った、そのいじらしい仕草は、今の暮らしに安堵している様子が伺えます。
Mさんのチンは、「チーちゃん」2歳。70代後半のMさんにとって6代目にあたるとか。チーちゃんについてお伺いすると、「チンがいない生活なんて考えられへんからな」。終生飼育といったことを考えるよりも何よりも、チンとの暮らしがMさんにとってはあまりにも当たり前のことなのでしょう。

ところでMさんがこちらに入居されて間もなく、チーちゃん行方不明騒動があったとか。通常はペット同居エリア以外にはチーちゃんを出さないようにされていたそうです。ところが、たまたま夜間にドッグランコーナーに出してしまったのが原因で、スタッフ総出で探し回られたそうです。
れんげハイツ井高野では、他の同居者とのあいだでトラブルなどが持ち上がらないよう、「ペット飼育規定」が設けられています。しかし、施設長の曽谷志郎さんは、これはあくまでも試金石といるもの。ペット一緒に暮らす共同生活のなかで起こった課題をひとつずつ解決しながら、れんげハイツ井高野ならではの「ペット飼育規定」にブラッシュアップしていきたい。
また、ペットの介護が必要になってきたら、同じ医療法人蓮華友愛会のJAHC「マムメイド」で介護サービスを開発してもらうようにしたい。入居者とそのペット、そのどちらもが最期まで生きがいをもって暮らせる施設を創るのが自分たちの役割だと語っておられました。

2025年、高齢者のひとり暮らし世帯が37%に達するといわれています。年をとり、ひとり暮らしになると犬や猫とともに暮らしたいと願う高齢者は、今以上に増えてくるに違いありません。「高齢者住宅におけるペットとの共生」を受け入れる社会になって欲しいものと切に願います。

(吉本 由美子)
 

住宅型老人ホーム
「れんげハイツ井高野」概要

名 称:住宅型有料老人ホーム
    れんげハイツ井高野
所在地:大阪市東淀川区井高野
    4丁目7-14
電話番号:06-6827-1277

■施設
構造:木造(一部鉄骨造り)
階数:2階建て
戸数:78
居住部分の規模:13~13.52㎡
共同利用施設:食堂、浴室、談話室、
       ペットルームなど
加齢対応構造:エレベーター、緊急通報装置

■入居費用
<ペットと同居される方>
敷金・一時金:300,000円
月額:128,000円(内訳:家賃53,000円/管理費30,000円/食費45,000円)
<一般の方>
敷金・一時金:0円
月額:118,000円(内訳:家賃48,000円/管理費25,000円/食費45000円)